MENU

アシアナ航空A380ビジネスクラス搭乗記!仁川→成田までをブログレビュー

韓国の仁川国際空港から成田空港まで、アシアナ航空のA380で運行されているビジネスクラスに搭乗したのでレビューします。

A380-800は、ANAがハワイ路線に導入しているフライングホヌと同型機になります。

この記事の信頼性

Seki
『マイルの錬金術師』を運営してますSekiです。

私の経歴と実績を簡単にご紹介します。
沖縄に移住して8年。
毎朝ビーチに行ってゴロゴロするのが日課です。
2018年から陸マイラーブログを開始し「累計で貯めたマイル数は2,000万マイル以上」になりました。

コスパの良い旅行を追求して、なるべくお金を使わないでリッチな体験をすることが趣味です。
Instagram:フォロワー約11,000人(@mile.mugen001)
X(Twitter):フォロワー約11,000人(@seki1410
YouTube:マイルの錬金術師
目次

アシアナ航空A380ビジネスクラス搭乗記(仁川→成田)

予約しているフライトは、なるべく多くのビジネスクラスに乗ってみようと思い上記のようなフライトを予約しました。

ANAマイルを使って63,000マイルで5回のビジネスクラスに乗るという予約になっています。

本記事は上から5つ目のソウル(仁川)→東京(成田)のフライトレビューになります。

最後の羽田-沖縄の国内線のみ普通席になっていて、私は沖縄県在住なので那覇空港を発着地にして発券しています。

仁川発9:00の便ですので、ソウルから7時ちょっと前に空港に到着するように移動してます。

アシアナ航空のチェックインカウンターは、仁川国際空港のターミナル1になります。

ビジネスクラス以上の搭乗者は、Aカウンターにあるプレミアムチェックインカウンターを利用することができます。

成田空港にあるANAのZカウンターみたいな感じですが、こちらのカウンターはSFC(スーパーフライヤーズカード)では利用不可となっています。

朝の仁川空港は大混雑してましたが、ご覧の通りで待ち時間ゼロでチェックインができました。

カウンターのおばちゃんに、

スターアライアンスゴールドメンバーは隣のBカウンターだから本当はこのカウンター使えないけど、今回は特別ね!

みたいなことを言われました。
(私は、ビジネスクラスを予約してましたが、ステータス的にはスターアライアンスゴールドでもあります。)

Seki
ビジネスクラスの予約だけど、なにか間違えてます?

みたいな返事を返したところ、

あ、よく見てなかった。ゴメンね

的なやりとりをして、無事チェックイン完了です。

もしかすると、SFCを持ったエコノミークラス予約の日本人が間違えて結構来るのかもしれません。

発券してもらった成田までの搭乗券です。

アシアナ航空ラウンジ

仁川国際空港は、アシアナ航空の本拠地でもありますので、アシアナラウンジが指定ラウンジになります。

ターミナル1には、3ヶ所のアシアナラウンジがあります。営業時間は以下の通りです。

・アシアナラウンジ イースト:5:00〜22:00
・アシアナラウンジ セントラル:6:00〜22:00
・アシアナラウンジ ウエスト:6:00〜0:30

今回は、アシアナラウンジ セントラルに入ってみました。
(基本的に3つとも同じ作りになっています。)

アシアナラウンジは、ANAのプラチナ以上のステータス、及びSFC(スーパーフライヤーズカード)を持っていればエコノミークラスでも利用することができます。

スターアライアンス運行便の搭乗券(ANA含む)があれば、プライオリティパスでもOKです。

ビジネスクラス以上だけでなく、ステータスやプライオリティパスでも開放しているラウンジなので、かなりの広さがあります。

ラウンジ全体の面積は、上記写真の4倍くらいはあると思います。

中央には、ドリンクの置かれているカウンターがあります。

アルコールもご覧お通りに揃えられており、すべて無料でいただくことができます。

食事はビュッフェスタイルになっています。

基本メニューは、オーソドックスな洋食中心になっています。

ヌードルバーはなく、麺類はカップ麺が置いてあります。

フライトチキンとパスタを軽くいただいてみました。

日によってメニューは異なり、チャーハンや焼きそば等があるのを見たことがあります。

ちなみに、韓国料理を食べたい場合はプライオリティパスで入れる「Sky Hub Lounge」が、韓国料理中心のホットミールや冷菜と、手作りのビビンバの作れるコーナーがあるのでオススメします。

もう一つプライオリティパス対象ラウンジになってる「Matina Lounge」は、洋食と韓国料理がバランスよく置かれているイメージです。

マッサージチェアもあるので、食事をしなくても快適に待ち時間を過ごせます。

シャワールームも完備されていますが、待ち時間が発生していて間に合わないので利用を見送りました。

窓からは、アシアナ航空の飛行機がズラッと並んでいる景色と見ることができます。

アシアナ航空A380ビジネスクラス(ビジネスマーティウム)のフライト

今回お世話になるA380-800は2階建ての大型機で、片側2機ずつ計4機のエンジンが搭載されています。

搭乗は、ビジネスクラス搭乗者、ステータス会員が優先で案内されます。

大型機で搭乗者数が多いので、先に案内してもらえるのはとても助かります。

ビジネスクラスは右側からの搭乗になっていて、2階席の前方になります。

座席番号は「8A」ですが、前方から2列目のシートになります。

シート

アシアナ航空のA380のビジネスクラスは、元々ファーストクラスとして使われていた座席をビジネスクラスとして利用しているビジネススイートと、元からビジネスクラスで利用されていたビジネスマーティウムという2タイプのシートが用意されています。

ビジネススイートの座席は特典航空券では予約できないので、今回のフライトはビジネスマーティウムのシートになります。

座席配列は1-2-1で、ANAのビジネスクラスに採用されているスタッガードシートとほぼ同じような仕様になっています。

モニターサイズは15.6インチです。

手元には、タッチパネル式のエンターテイメント用のリモコンと、電動リクライニングのスイッチがあります。

リモコンの手前にはアームレストも設置されています。

小物を置くスペースに、読書灯、ドリンクホルダー、USBの電源などがありました。

窓側席だけになりますが、使いきれないくらい収納がたっぷりあります。

アメニティ

用意されていたアメニティの内容です。

ヘッドフォンは韓国系企業のPHIATON製のものです。

ノイズキャンセルにはなっていませんでした。

それと、スリッパ。

短距離線なので、座席に用意されていたアメニティは以上になります。

トイレ

続いてトイレをご紹介します。

トイレはご覧の通り広々しています。

普通の飛行機の3倍くらいの広さはありそうです。

トイレ内奥のシートを持ち上げると、その下が便座になっています。

トイレ内のアメニティは、歯ブラシ、マウスウォッシュ、クシ、ロクシタンのボディローションとミストが置かれてました。

機内でロクシタンのアメニティが使えるのは結構嬉しい内容です。

フルフラット仕様

フルフラットにもしてみました。

ほぼ180°までリクライニングすることができ、足元も広々しているのでとても快適に休むことができます。

短距離路線なので布団などなにも用意されていませんが、中長距離路線になれば布団セットが用意されていると思いますので、快適なフライトになるのではないかと思います。

機内食

機内食とドリンクのメニューをご紹介します。

ドリンクメニュー

シャンパン
・Heidsieck Monopole Blue Top Brut

白ワイン
・Colterenzio Chardonnay 2022

赤ワイン
・La Vieille Ferme 2021

スピリッツ
・シーバスリーガル18年
・アブソルート ウォッカ
・ビーフィーター ジン

ブランデー&リキュール
・レミーマルタンXO
・ベイリーズ オリジナル アイリッシュ クリーム

ビール
・Cass
・ハイネケン

ソフトドリンク
・オレンジジュース
・アップルジュース
・トマトジュース
・パイナップルジュース
・グアバジュース
・コーラ
・コーラゼロ
・スプライト
・ジンジャーエール

コーヒー
・コーヒー
・デカフェ コーヒー
・エスプレッソ
・カプチーノ
・カフェラテ

お茶
・ブラックティー
・アールグレイティー
・カモミールティー
・緑茶
・高麗人参茶

食事メニュー

機内食は、洋食と韓国料理から選択できます。

洋食メニュー
・前菜:ポテトを添えたグラブラックスサーモンサラダ
・メイン:鶏もも肉焼きとバジルペーストニョッキ
・デザート:ダブルレイヤー・チョコレートムースケーキ

韓国料理
・プルコギ栄養サムパプ
・フルーツ

韓国発のフライトなので、もちろん韓国料理を選択しています。
(むしろ、プルコギ栄養サムパプを目的にしていた部分もあります…)

プルコギ栄養サムパプは、プルコギ(韓国の牛焼肉)を野菜で包んでいただく料理ですが、韓国は「ポクサム」といって昔から包んで食べる風習があることから、機内で福を包んで食べるというコンセプトから開発されたメニューだそうです。

2005年にアシアナ航空で初めて機内食で提供され、2006年の国際航空ケータリング協会の機内食部門で金賞を受賞したアシアナ航空の看板メニューになっています。
※メニューに上記の説明が詳しく書いてありました。

見た目通り間違いのない味ですが、お肉を包む野菜の種類も5〜6種類入っているので毎回違う味を楽しめました。

一見、シンプルで想像ができる味かもしれませんが、食べてみると野菜の種類で味が変わることで、とても味わい深い食事になりました。

まとめ:アシアナ航空A380ビジネスクラス搭乗記

↑成田空港に着陸したらANAのフライングホヌが2機駐機してました。(1号機のラニと3号機のラーですね!)

アシアナ航空のA380ビジネスクラス(ビジネスマーティウム)に搭乗してきました。

機材の仕様的には、ANAのフライングホヌのビジネスクラスとほぼ同じ仕様になります。
※違うのは、モニターサイズとシートカラーくらい?

3時間程度の短距離フライトでしたが、広々したシートに、機内食はとても満足度が高く快適なフライトでした。

成田まで行かなければ乗れないのが少々面倒ですが、一度乗ってみる価値はあるフライトかなと思います。

以上、ご参考になりますと幸いです。

【追伸】

今回のフライトは、5回のビジネスクラスに乗るという内容ながら、ANAマイルを使って63,000マイルで乗らせていただいてます。
※日本発着の単純な東南アジア行きのビジネスクラスは、往復60,000マイル必要。

時間的な部分と移動の非効率さを除けば、少ないマイルでたくさんビジネスクラスに乗れる体験ができていることになります。

各フライトのリンクはこちら
沖縄→台北 エバー航空ビジネスクラス
台北→クアラルンプール エバー航空プレミアムローレルクラス
クアラルンプール→台北 エバー航空プレミアムローレルクラス
台北→ソウル エバー航空ロイヤルローレルクラス
ソウル→成田 アシアナ航空ビジネスクラス(ビジネスマーティウム)

マイルは貯め方も大切ですが、使い方を知ると色々な遊びができます。

下記の記事では15,000マイルで国内と韓国までを含む6フライトに乗れています。

たくさん貯めなくても全国を飛びながら楽しめます。

あわせて読みたい
【超得旅行】15,000ANAマイルの特典航空券で海外と国内(韓国+国内4カ所)を楽しむ賢い使い方をご紹介 という点で、いつかやってみたいと思ってた旅行をやってみました。 ANAの国際線の特典航空券は15,000マイル〜となってますが、それで最大フライト数を組んでみました。...

私のマイルの貯め方や考え方を知りたい場合は、下記の記事も一読くださいますと幸いです。

あわせて読みたい
【累計2,000万マイル獲得】陸マイラー初心者のANA/JALマイルの貯め方!2024年からの始め方を解説 はじめまして、当サイトを運営している「マイルの錬金術師Seki」です。 陸マイラー活動を開始から1年で獲得した総マイル数は364万マイル貯めることに成功し、目標値を毎...

ANAマイルを貯めるクレジットカードは、入会キャンペーンでたくさんマイルの貯まる「ANAアメックスゴールド」も良いですが、「ANA JCBワイドゴールド」がオススメです。

理由は、年会費が15,400円(税込)と安く設定されており、マイル還元率最大1.075%、旅行保険はANAゴールドカードで最も良い内容になっています。

入会のキャンペーンポイントで特典航空券が予約できるマイル数を獲得できるのもメリットです。

あわせて読みたい
ANA JCBワイドゴールドカードのメリット・デメリットを解説!一番バランスが良いANAカード(7月PR) ANA JCBワイドゴールドカードのメリット・デメリットからカードの特徴を解説していきます。 現在入会キャンペーンでは、最大203,000マイルが獲得可能となっています。※...

こちらの記事もANAゴールドカード比較で当サイトの人気記事になっていますので、カード選びの参考になれば幸いです。

あわせて読みたい
ANA VISAワイドゴールドとJCB・アメックス比較!ベストなANAゴールドカードはどれか検証(7月#PR) ANA VISAワイドゴールドカードは、ANAカードの中では年会費も安価な為、人気なカードになっています。 ANAマイルを貯めることに興味がある場合、ANA VISAワイドゴールド...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

累計2,000万マイル以上貯めたマイルの錬金術師の無料メール講座

今の生活をしながらマイルを貯めて『年間100万円以上』得をしてみませんか?

登録特典:マイルを貯めるクレジットカード選びの相談を無料受付中
※累計300名様以上が利用

7,000人以上が『無料』で購読
あなたの知らない、
マイルの事実をご確認ください!

目次