MENU

【SFC可】台湾桃園国際空港のエバー航空「The Star」は広くて充実した利用しやすいスターアライアンスラウンジ!

台湾桃園国際空港にある、エバー航空が運営している「The Star」に行ってみたので、その時の様子をレビューしてみたいと思います。

この記事の信頼性

Seki
『マイルの錬金術師』を運営してますSekiです。

私の経歴と実績を簡単にご紹介します。
沖縄に移住して8年。
毎朝ビーチに行ってゴロゴロするのが日課です。
2018年から陸マイラーブログを開始し「累計で貯めたマイル数は2,000万マイル以上」になりました。

コスパの良い旅行を追求して、なるべくお金を使わないでリッチな体験をすることが趣味です。
Instagram:フォロワー約11,000人(@mile.mugen001)
X(Twitter):フォロワー約11,000人(@seki1410
YouTube:マイルの錬金術師
目次

台湾桃園国際空港のエバー航空ラウンジ「The Star」を利用してみた

台湾桃園国際空港にANAのSFC(スーパーフライヤーズカード)で利用できるスターアライアンス加盟航空会社のラウンジは2つあります。

・エバー航空「The Star」

・シンガポール航空「シルバークリスラウンジ

桃園空港は、エバー航空の本拠地なので、ビジネスクラス利用者向け、ファーストクラス利用者向けなどエバー航空ラウンジは同じフロアに4つもあると充実ぶりになります。

ただ、今回はエコノミークラス利用でもSFCで入室可能なラウンジの解説となります。

利用条件

エバー航空ラウンジ「The Star」の利用条件は下記の通りです。

・エバー航空のビジネスクラス/ファーストクラス搭乗者
・スターアライアンス加盟航空会社ビジネスクラス/ファーストクラス搭乗者
・スターアライアンス加盟航空会社便に搭乗するインフィニティ マイレージランズのゴールド会員
・スターアライアンス加盟航空会社便に搭乗するスターアライアンスゴールドメンバー(SFC含む)

ただし、ファーストクラス利用者は「The Garden」、ビジネスクラス利用者は「The Infinity」というより上位のラウンジが利用できるので、「The Star」は基本的にはスターアライアンスゴールドメンバー向けのラウンジになります。

日本行きの便の方が利用する場合は、

・ANAまたはエバー航空のビジネスクラスに搭乗
・ANAまたはエバー航空のエコノミークラス搭乗で、ANAのプラチナ会員またはSFC(スーパーフライヤーズカード)を持っている

というのが一般的な利用例になると思います。

ちなみに私は桃園国際空港を乗り継ぎ空港でよく利用するので、エバー航空のエコノミークラス利用時にSFCを使って那覇行きやシンガポール行き、バリ島行きなどで利用させてもらってます。

ラウンジの場所

エバー航空ラウンジ「The Star」の場所は、第2ターミナルの4階になります。

周辺は、航空会社ラウンジやフードコートなどの密集地になっています。

具体的な場所は、上図の「5番」になります。

同じエリアにあるラウンジは、エバー航空ラウンジが4つ(スターアライアンス)、チャイナエアラインラウンジ(スカイチーム)、プラザ プレミアムラウンジ(プライオリティパス)があります。

ワンワールド系のラウンジは、ターミナル1になるのでこのエリアにはありません。

営業時間

営業時間は4:30〜23:30となっています。

ラウンジ内の様子

The Starは割と入場制限のゆるいラウンジなので、時間帯によって利用者はかなり多いのでは?と思われます。

ただ、この日は日曜日の13時すぎの訪問でしたが、混雑という状況ではありませんでした。

中はかなりの広さをがありますので、利用したい用途に合わせてシートタイプを選ぶことができます。

上記の様な、ソファータイプのシートが一番多いです。

食事をしっかりしたい人向けのテーブル席も各種用意があります。

カウンタータイプの座席もたくさんあり、ターミナル内の様子を伺うことができます。

大型のテレビとフライトスケジュールモニターが何箇所も設置されていました。

新聞、雑誌など

鍵付きロッカーもあるので、長時間の滞在になる時に安心です。

電源はコンセントだけでなく、USBもあるのが良いです。

食事の内容

食事は、ビュッフェ形式となっており、ヌードルバーなどスタッフが調理してくれるコーナーはありません。

またメニュー(この日はランチ)は、中華系の料理が中心になります。

焼きそば、お豆と漬物?の炒め物

カボチャの蒸し物、ブロッコリーと人参の炒め物

豚肉とお豆のトマトソース、ペペロンチーノ的なパスタ

チキンカレーとご飯

蒸籠の中身は肉まんです。

そばは、下記のつゆに入れて食べるみたいです。

そばの出汁つゆ

味噌汁があったは、ANA利用の日本人向けって感じがします。

お豆のスープ。

台湾、香港のラウンジには必ずある感じがします。

手作りのホットドックコーナーです。

ウインナーが自動でくるくる回ってます。

ホットドック用のパンは個装になっているので、トースターで軽く焼いてみました。

ソーセージを挟んでなんてことなく完成です!

先ほどもチラッと写ってますが、パンコーナーです。

種類は少なめです。

隣にある壺には焼き芋が入ってます。

色んな方のブログを拝見していると、これは結構人気らしく品切れになっていることもあるそうです。

サラダコーナーです。

生野菜がしっかり用意されているのはグッドです。

冷蔵ケースの中には、サンドイッチとマカロン、レアチーズケーキなどのデザートが入ってました。

アイスはムーベンピックが食べ放題です。
※最近、ハーゲンダッツに変わったかもです。

ビュッフェコーナーの中央の良い位置ですが、お箸やスプーンなどの置き場になっていたので、スペースの使い方的にちょっと勿体無いと感じました。

料理は日によって違って、ハンバーグ、唐揚げなどのお肉料理、パスタはカルボナーラを見たこともあります。

これは別日ですが、和牛の牛丼がおいてあったこともありました。

ドリンクの内容

ドリンクの内容です。

ワイン、ウイスキー、リキュール各種です。

スパークリングはありませんでした。

その他の飲み物は冷蔵庫からご自由に形式です。

缶ビール、炭酸水、トニックウォーター、ジンジャーエール

コーラ、スプライト、お茶、檸檬茶

コーヒーマシンはMR.BROWNというブランドでした。

どうやら台湾のコーヒーチェーンだそうです。

紅茶はTWININGSです。

シャワー

シャワールームも完備されています。

受付で搭乗券と鍵を交換で利用できます。

利用時間は20分とされていて、20分で済ませようとすると結構忙しいです。

シャワーは3タイプの利用ができます。

レインシャワー、ボディシャワー、ハンドシャワーが使えるので、高級ホテルの様な組み合わせです。

シャンプー類はロクシタンがあり、中々嬉しい内容となってました。

洗面エリアです。

L字型の作りになっています。

アメニティは、髭剃りがありませんでした。

ただ、ロクシタンのボディーローションや、お持ち帰り用で3LABのハンドクリームやリップなどがあり、飛行機の乾燥対策グッズが充実している印象でした。

中々いい感じです。

まとめ:エバー航空ラウンジ「The Star」を利用してみた

台湾桃園国際空港にあるエバー航空ラウンジ「The Star」に行ってみました。

SFCでも利用できるので、近場の台湾ということもあってビジネスクラスに乗らなくて入れるのもメリットになると思います。

中は広く、食事のメニューも中華系のメニューを中心に充実していました。

個人的にはシャワールームの内容が良かったです。

近くでSFC所有で利用ができるラウンジは、シンガポール航空の「シルバークリスラウンジ」があるので、両方の混雑を見ながらゆっくりできそうなラウンジを選べるのも良いと思います。

プライオリティパスで利用できる「PLAZA PREMIUM LOUNGE」もありますが、時間帯によってかなり混んでいます。

実際に、食事を「シルバークリスラウンジ」でして、「The Star」ではアイスクリームとコーヒーをいただくデザートタイムとして利用しました。

以上、台湾桃園国際空港のエバー航空ラウンジ「The Star」のレポートになります。

最後まで閲覧いただきありがとうございました。

【追伸】

台湾を経由、もしくは発着にするとANAマイルが有効に使えるケースがあります。

私が利用した例をご紹介すると、1人で時間を気にしないで移動した時はANAマイルを使ってエバー航空、アシアナ航空のビジネスクラスに5回乗る予約を、ANAマイルを使って63,000マイルで乗らせていただきました。
※日本発着の単純な東南アジア行きのビジネスクラスは、往復60,000マイル必要。

時間的な部分と移動の非効率さを除けば、少ないマイルでたくさんビジネスクラスに乗れる体験ができていることになります。

家族旅行では、下記の様にバリ島やプーケットに行くのに台湾経由でエバー航空を使うと予約が取りやすいのでよく利用させてもらってます。

こちらも予約はANAのサイトからANAマイルを使ってます。

エコノミークラスですが、1人31,000マイルで燃油サーチャージはかかってないので、コスパはかなり良いと思います(空港税など諸経費のみ)

マイルは貯め方も大切ですが、使い方を知ると色々な遊びができます。

下記の記事では15,000マイルで国内と韓国までを含む6フライトに乗れています。

たくさん貯めなくても全国を飛びながら楽しめます。

あわせて読みたい
【超得旅行】15,000ANAマイルの特典航空券で海外と国内(韓国+国内4カ所)を楽しむ賢い使い方をご紹介 という点で、いつかやってみたいと思ってた旅行をやってみました。 ANAの国際線の特典航空券は15,000マイル〜となってますが、それで最大フライト数を組んでみました。...

私のマイルの貯め方や考え方を知りたい場合は、下記の記事も一読くださいますと幸いです。

あわせて読みたい
【累計2,000万マイル獲得】陸マイラー初心者のANA/JALマイルの貯め方!2024年からの始め方を解説 はじめまして、当サイトを運営している「マイルの錬金術師Seki」です。 陸マイラー活動を開始から1年で獲得した総マイル数は364万マイル貯めることに成功し、目標値を毎...

ANAマイルを貯めるクレジットカードは、入会キャンペーンでたくさんマイルの貯まる「ANAアメックスゴールド」も良いですが、「ANA JCBワイドゴールド」がオススメです。

理由は、年会費が15,400円(税込)と安く設定されており、マイル還元率最大1.075%、旅行保険はANAゴールドカードで最も良い内容になっています。

入会のキャンペーンポイントで特典航空券が予約できるマイル数を獲得できるのもメリットです。

あわせて読みたい
ANA JCBワイドゴールドカードのメリット・デメリットを解説!一番バランスが良いANAカード(6月PR) ANA JCBワイドゴールドカードのメリット・デメリットからカードの特徴を解説していきます。 現在入会キャンペーンでは、最大47,000マイル(抽選込みで107,000マイル)獲...

こちらの記事もANAゴールドカード比較で当サイトの人気記事になっていますので、カード選びの参考になれば幸いです。

あわせて読みたい
ANA VISAワイドゴールドとJCB・アメックス比較!ベストなANAゴールドカードはどれか検証(6月#PR) ANA VISAワイドゴールドカードは、ANAカードの中では年会費も安価な為、人気なカードになっています。 ANAマイルを貯めることに興味がある場合、ANA VISAワイドゴールド...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

累計2,000万マイル以上貯めたマイルの錬金術師の無料メール講座

今の生活をしながらマイルを貯めて『年間100万円以上』得をしてみませんか?

登録特典:マイルを貯めるクレジットカード選びの相談を無料受付中
※累計300名様以上が利用

7,000人以上が『無料』で購読
あなたの知らない、
マイルの事実をご確認ください!

目次