MENU

台湾桃園国際空港のシンガポール航空「シルバークリスラウンジ」はSFC可のスターアライアンスラウンジ!食事が超うまくてオススメ

台湾桃園国際空港にある、シンガポール航空が運営している「シルバークリスラウンジ」に行ってみたので、その時の様子をレビューしてみたいと思います。

この記事の信頼性

Seki
『マイルの錬金術師』を運営してますSekiです。

私の経歴と実績を簡単にご紹介します。
沖縄に移住して8年。
毎朝ビーチに行ってゴロゴロするのが日課です。
2018年から陸マイラーブログを開始し「累計で貯めたマイル数は2,000万マイル以上」になりました。

コスパの良い旅行を追求して、なるべくお金を使わないでリッチな体験をすることが趣味です。
Instagram:フォロワー約11,000人(@mile.mugen001)
X(Twitter):フォロワー約11,000人(@seki1410
YouTube:マイルの錬金術師
目次

台湾桃園国際空港のシンガポール航空「シルバークリスラウンジ」を利用してみた

台湾桃園国際空港にANAのSFC(スーパーフライヤーズカード)で利用できるスターアライアンス加盟航空会社のラウンジは2つあります。

・エバー航空「The Star

・シンガポール航空「シルバークリスラウンジ」

桃園空港はエバー航空の本拠地なので、ビジネスクラス利用者向け、ファーストクラス利用者向けなどエバー航空ラウンジは同じフロアに4つもあると充実ぶりになります。

ただ、今回はエコノミークラス利用時にSFCで入れるラウンジをご紹介します。

利用条件

シルバークリスラウンジの利用条件は下記の通りです。

・シンガポール航空のビジネスクラス/ファーストクラス搭乗者
・スターアライアンス加盟航空会社ビジネスクラス/ファーストクラス搭乗者
・スターアライアンス加盟航空会社便に搭乗するクリスフライヤーエリートゴールドメンバー
・スターアライアンス加盟航空会社便に搭乗するスターアライアンスゴールドメンバー(SFC含む)

日本行きの便の方が利用する場合は、

・ANAまたはエバー航空のビジネスクラスに搭乗
・ANAまたはエバー航空のエコノミークラス搭乗で、ANAのプラチナ会員またはSFC(スーパーフライヤーズカード)を持っている

というのが一般的な利用例になると思います。

ちなみに私は桃園国際空港を乗り継ぎ空港でよく利用するので、エバー航空のエコノミークラス利用時にSFCを使って那覇行きやシンガポール行き、バリ島行きなどで利用させてもらってます。

ラウンジの場所

シルバークリスラウンジの場所は、第2ターミナルの4階になります。

周辺は、航空会社ラウンジやフードコートなどの密集地になっています。

具体的な場所は、上図の「15番」になります。

同じエリアにあるラウンジは、エバー航空ラウンジが4つ(スターアライアンス)、チャイナエアラインラウンジ(スカイチーム系)、プラザ プレミアムラウンジ(プライオリティパス)があります。

ワンワールド系のラウンジは、ターミナル1になるのでこのエリアにはありません。

営業時間

営業時間は5:30〜17:45となっています。

フライトの状況次第で営業時間は変わるようですが、閉店が早いので利用を検討されている場合は注意が必要です。

ラウンジ内の様子

広いラウンジではありませんが、中はソファーが並んでいるのでお酒やお茶を飲んでゆっくりできるスペースが手前にあります。

テーブル席もしっかりしているので、食事をするにも適しています。

食事の内容

この日は、お昼ちょっと前の訪問だったのでメニューはランチの内容になっていました。

食事はビュッフェスタイルになっています。

メニューはアジア系のメニュー中心になります。

フィッシュフライ、揚州炒飯、チキンカレーです。

ベゲディル(インドネシア風コロッケ)、季節の野菜炒め、チャークイティオ(米の麺の炒め物)です。

魯肉飯(ルーローファン)のご飯の上にのせる具材です。

隣の炊飯器に入ってる白米にかけて、台湾飯を楽しめます。

肉骨茶(バクテー)もシンガポール料理として紹介されて煮込まれてました。

お豆のスープ、

牛肉とトマトのスープ

台湾風のチキンスープ

スチーマーの中には肉まん(チキン、ポーク)、シュウマイがありました。

洋食は少なめで、パンのコーナーも種類も量も寂しい感じになってます。

冷蔵庫の中は、サラダ、野菜スティック、カットフルーツ、ヨーグルト、サンドイッチなんかが入ってました。

太巻き、かっぱ巻き、お稲荷さんなんかのお寿司もちょびっとありました。

ドリンクの内容

ウイスキー、ワイン、スパークリングにリキュール各種です。

フレッシュジュースはピッチャー、ソフトドリンクは缶で冷蔵庫冷やされています。

ビールも台湾ビールの缶が冷やされてました。

コーヒーマシンは安定のネスカフェです。

食事のクオリティはとても高い

アジア系の食事メニューが充実していたので魯肉飯(ルーローファン)、肉骨茶(バクテー)を中心にビールを飲みながらいただいてみました。

食事の味は、羽田や成田の日系の航空会社ラウンジをよりもレベルは全然上で、抜群に美味しかったです。

うちの息子も魯肉飯を大盛りにしてパクパク食べてました。

ここは桃園空港に寄った際はリピートしたいです。

シャワー

利用者やお掃除のお姉さんがいて写真は撮れませんでしたが、シャワールームも完備されています。

まとめ:台湾桃園国際空港の「シルバークリスラウンジ」

台湾桃園国際空港にあるシンガポール航空の「シルバークリスラウンジ」に行ってみました。

香港から沖縄に帰る経路が台湾経由になっていた為、ランチの時間帯に利用しましたが、食事が抜群に美味しいです。

SFCでも利用できるので、近場の台湾ということもあってビジネスクラスに乗らなくて入れるのもメリットになると思います。

また、近くにSFCで利用できるラウンジはエバー航空の「The Star」があるので、両方の混雑を見ながらゆっくりできそうなラウンジを選べるのも良いと思います。

食事を「シルバークリスラウンジ」、食後のお茶を「The Star」にするなどもおもしろいです。
(実際、この日の私の流れは上記の様になっていて、「The Star」ではお茶のみになりました。)

エバー航空ラウンジ「The Star」についてはこちらの記事をご参照ください。

あわせて読みたい
【SFC可】台湾桃園国際空港のエバー航空「The Star」は広くて充実した利用しやすいスターアライアンスラ... 台湾桃園国際空港にある、エバー航空が運営している「The Star」に行ってみたので、その時の様子をレビューしてみたいと思います。 この記事の信頼性 【台湾桃園国際空...

以上、台湾桃園国際空港の「シルバークリスラウンジ」のレポートになります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

【追伸】

台湾を経由、もしくは発着にするとANAマイルが有効に使えるケースがあります。

私が利用した例をご紹介すると、1人で時間を気にしないで移動した時はANAマイルを使ってエバー航空、アシアナ航空のビジネスクラスに5回乗る予約を、ANAマイルを使って63,000マイルで乗らせていただきました。
※日本発着の単純な東南アジア行きのビジネスクラスは、往復60,000マイル必要。

時間的な部分と移動の非効率さを除けば、少ないマイルでたくさんビジネスクラスに乗れる体験ができていることになります。

家族旅行では、下記の様にバリ島やプーケットに行くのに台湾経由でエバー航空を使うと予約が取りやすいのでよく利用させてもらってます。

こちらも予約はANAのサイトからANAマイルを使ってます。

エコノミークラスですが、1人31,000マイルで燃油サーチャージはかかってないので、コスパはかなり良いと思います(空港税など諸経費のみ)

マイルは貯め方も大切ですが、使い方を知ると色々な遊びができます。

下記の記事では15,000マイルで国内と韓国までを含む6フライトに乗れています。

たくさん貯めなくても全国を飛びながら楽しめます。

あわせて読みたい
【超得旅行】15,000ANAマイルの特典航空券で海外と国内(韓国+国内4カ所)を楽しむ賢い使い方をご紹介 という点で、いつかやってみたいと思ってた旅行をやってみました。 ANAの国際線の特典航空券は15,000マイル〜となってますが、それで最大フライト数を組んでみました。...

私のマイルの貯め方や考え方を知りたい場合は、下記の記事も一読くださいますと幸いです。

あわせて読みたい
【累計2,000万マイル獲得】陸マイラー初心者のANA/JALマイルの貯め方!2024年からの始め方を解説 はじめまして、当サイトを運営している「マイルの錬金術師Seki」です。 陸マイラー活動を開始から1年で獲得した総マイル数は364万マイル貯めることに成功し、目標値を毎...

ANAマイルを貯めるクレジットカードは、入会キャンペーンでたくさんマイルの貯まる「ANAアメックスゴールド」も良いですが、「ANA JCBワイドゴールド」がオススメです。

理由は、年会費が15,400円(税込)と安く設定されており、マイル還元率最大1.075%、旅行保険はANAゴールドカードで最も良い内容になっています。

入会のキャンペーンポイントで特典航空券が予約できるマイル数を獲得できるのもメリットです。

あわせて読みたい
ANA JCBワイドゴールドカードのメリット・デメリットを解説!一番バランスが良いANAカード(6月PR) ANA JCBワイドゴールドカードのメリット・デメリットからカードの特徴を解説していきます。 現在入会キャンペーンでは、最大47,000マイル(抽選込みで107,000マイル)獲...

こちらの記事もANAゴールドカード比較で当サイトの人気記事になっていますので、カード選びの参考になれば幸いです。

あわせて読みたい
ANA VISAワイドゴールドとJCB・アメックス比較!ベストなANAゴールドカードはどれか検証(6月#PR) ANA VISAワイドゴールドカードは、ANAカードの中では年会費も安価な為、人気なカードになっています。 ANAマイルを貯めることに興味がある場合、ANA VISAワイドゴールド...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

累計2,000万マイル以上貯めたマイルの錬金術師の無料メール講座

今の生活をしながらマイルを貯めて『年間100万円以上』得をしてみませんか?

登録特典:マイルを貯めるクレジットカード選びの相談を無料受付中
※累計300名様以上が利用

7,000人以上が『無料』で購読
あなたの知らない、
マイルの事実をご確認ください!

目次