MENU

JCBギフトカードはクレジットカードとポイントサイトを活用してお得に購入しよう!購入方法について徹底解説#PR

現金同様に使用ができ、ギフトや香典返しなど様々なシーンで活躍するのが、JCBギフトカードです。

あなたも一度は貰ったことがある、渡したがことがある方も多いのではないでしょうか。

そんなJCBギフトカードですが、お得に購入ができる方法がありますので、この記事ではおすすめの購入方法についてご紹介していきたいと思います。

この記事の信頼性

Seki
『マイルの錬金術師』を運営してますSekiです。

私の経歴と実績を簡単にご紹介します。
沖縄に移住して8年。
毎朝ビーチに行ってゴロゴロするのが日課です。
2018年から陸マイラーブログを開始し「累計で貯めたマイル数は2,000万マイル以上」になりました。

コスパの良い旅行を追求して、なるべくお金を使わないでリッチな体験をすることが趣味です。
Instagram:フォロワー約11,000人(@mile.mugen001)
X(Twitter):フォロワー約11,000人(@seki1410
YouTube:マイルの錬金術師
目次

JCBギフトカードをポイントサイトとJCBカードで購入する

はじめに、JCBギフトカードをお得に購入するための方法をご紹介します。

ポイントサイトの活用とJCBカードの利用が必須です。

ポイントサイト経由で0.5%のポイント還元

JCBギフトカードをお得に購入するための1つ目の方法がポイントサイト経由での購入です。

ポイントサイトでは、専用のサイトを経由して予約することで、サイト内で利用ができる独自のポイントを獲得することができます。

貯めたポイントは、電子マネーやマイルなどに交換が可能です。

ポイントサイトは様々な企業が運営をしていますが、当サイトでは初心者でも扱いやすい「ハピタス」を推奨したいと思います。

ハピタスでは、JCBギフトカードの購入で0.5%のポイント還元を実施中です。

ハピタスの登録は、無料ですることができます。

↓ハピタスに無料で登録する

ANA JCBカードでの決済で0.5%〜1.0%のポイント還元

JCBギフトカードを購入する際に、現金ではなくJCBカードを使って支払いをすると、カード利用分のポイントを獲得することができます。

JCBカードは、基本的にOki Dokiポイントが貯まります。

基本還元率は0.5%の設定になっています。

現金購入ではポイントは付与されないため、お得な方法といえます。

還元率がよく、オススメのカードですが、個人的にはANA JCBワイドゴールドカード、またはソラチカゴールドカードをおすすめしたいです。

なぜ、数あるJCBカードの中からこの2枚を推奨しているかというと、1.0%のANAマイル還元が得られ、さらにギフト券を購入することによってカードの入会キャンペーンの決済条件をクリアしやすくなる為です。

入会キャンペーンマイルを獲得する為の決済条件は、100万円や150万円などに設定されていることが多く、日常利用だけでは若干ハードルが高めです。

普段使い+不足分をギフト券で補えば、入会キャンペーンも獲得しやすいです。

ギフト券は金券ですので、お金と同等の価値ですので、交換しておいても無駄な出費にはなりにくいのが特徴です。

ANA JCBワイドゴールドカードと、ソラチカゴールドカードのキャンペーンについては、以下の記事をご参照ください。

ANA JCBワイドゴールドカードの入会キャンペーン情報

あわせて読みたい
【6月最大10.9万マイル】ANA JCBワイドゴールドカードの入会キャンペーンを紹介!手厚い保険がメリット(PR) この記事では、ANA JCBワイドゴールドカードを最もお得に申し込みをする方法についてお伝えしていきます。 合わせて、最新の入会キャンペーンの獲得方法も解説していき...

ソラチカゴールドカードの入会キャンペーン情報

あわせて読みたい
ソラチカゴールドの入会キャンペーン【6月最大154,000マイル】カードの特典を解説(PR) ソラチカカードゴールドの最新の入会キャンペーンを解説します。 現在、色々なキャンペーンが入り乱れていますが、全部取り切れば最大64,000マイル(抽選込みで154,000...

JCBギフトカードの使えるお店

次に、JCBカードの使い方や実際に使えるお店などの情報についてご紹介をします。

JCBギフトカードの使い方

JCBギフトカードは、現金同様に支払いに使える商品券です。粗品やギフトなど、現金を直接渡すのがためらわれる、下記のような様々なシーンで活躍します。

JCBカードの使い方

  • お中元、お歳暮、お年賀など季節のご挨拶に
  • 結婚や出産、入学や卒業、就職や退職などのお祝いに
  • 結婚や出産などの内祝い、快気祝い、母の日や父の日のギフトに
  • 香典返しに

実際に店舗で利用をする際には、現金と同じように店員さんにJCBカードを手渡せばOKです。

特別な手続きなどは一切ありません。

JCBギフトカードの使えるお店(一例)

JCBギフトカードの使えるお店は、全国に100万店以上が存在します。

百貨店やスーパーなどジャンルも様々で、利便性が高いのが特徴です。

以下に実際に使えるお店の一例をご紹介します。

その他の店舗の情報については、公式ホームページも合わせてご確認をお願いします。

ジャンル店舗一例
百貨店・大型店・イオン
・東急百貨店
スーパー・ダイエー
・ピーコックストア
家具・家電・ホームセンター・エディオン
・ビックカメラ
時計・宝飾・メガネ・カメラ・パリ‐ミキ
・カメラのキタムラ
専門店・アインズ&トルぺ
・コトブキゴルフ

JCBギフトカードの購入に使えるANA JCBカードについて

ここからはJCBギフトカードの購入に使えるANA JCBカードがどのようなカードであるかご紹介をします。

6種類のタイプからニーズに合わせて選択可能

ANA JCBカードには年会費が無料で保有できるものや、様々な特典がついたプレミアムカードなど、全部で6つの種類が用意されています。

カード名年会費
ANA JCBカード ZERO無料
ANA JCB 一般カード2,200円(税込)
初年度年会費無料
ANA JCB ワイドカード7,975円(税込)
ANA JCB ワイドゴールドカード15,400円(税込)
ANA JCB カード プレミアム77,000円(税込)
ANA JCB カード(学生用)無料

予算やニーズに合わせて選択ができるため、柔軟性の高いカードと言えます。

ANAカードマイルプラス加盟店ではANAマイルも貯まる

ANA JCBカードは、マイルプラス加盟店で利用をするとOki Dokiポイントは別にANAのマイルを獲得することが可能です。

マイルプラス加盟店はコンビニや百貨店など、様々なジャンルのお店があり日常生活の中で利用ができます。

ANAカードマイルプラスの対象店舗でANAカードで決済をすると、100〜200円につき1マイルが加算されます。

詳しくは下記の記事も合わせてご参考ください。

あわせて読みたい
ANAマイルを貯める方法基本編!陸マイラーは提携店、レストラン、電子マネー、フライト、ホテル予約で貯... この記事では、ANAマイルの基本的な貯め方について解説していきたいと思います。 着目すべきは「日常生活」 日常の中でこれだけマイルを貯められる機会があるんだってこ...

入会特典を獲得するための、カード利用実績を積むためにもJCBギフトカードの購入がおすすめ

ANA JCBカードでは入会キャンペーンを実施中で、下記のようにカードの利用金額に合わせて、ボーナスマイルの付与を受けることが可能です。

(一例)ANA JCB ワイドゴールドカードの入会キャンペーン

カードのご利用金額キャンペーン特典
30万円(税込)以上6,000マイル相当プレゼント
70万円(税込)以上9,000マイル相当プレゼント
100万円(税込)以上24,000マイル相当プレゼント
150万円(税込)以上30,000マイル相当プレゼント

利用実績にはJCBギフトカードの購入代金も含めることが可能となっています。

JCBギフトカードには有効期限がなく、現金同様に利用ができるため、目標金額まであと少しなどといった場合に購入をしてみるのもおすすめです。

JCBギフトカードはJCBのクレカでしか購入ができない

補足として、JCBの公式サイトで販売されているJCBギフトカードをクレジットカードで購入する場合、JCBのクレジットカードでしか購入をすることができません

VISAやMastercardなど、他の国際ブランドのクレジットカードでは購入ができない点にはご注意ください

そのほかにJCBギフトカードの購入でおすすめなクレジットカード

ANAマイルには興味がなく、ほかのJCBカードでギフト券を購入したい場合のオススメカードをご紹介します。

JCB カード W

年会費(本会員)無料
年会費(家族会員)無料
申込対象(本会員)・18歳以上39歳以下で、ご本人または配偶者に安定継続収入のある方。
・高校生を除く18歳以上39歳以下で学生の方。
申込対象(家族会員)生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方。
※本会員が学生の場合は、申し込めません。
旅行傷害保険海外 : 最高2,000万円
国内 : ―
国内・海外航空機遅延保険
空港ラウンジ

1,000円で2ポイントと通常の2倍のOki Dokiポイントを獲得できる、高還元率のクレジットカードがJCB カード ダブルです。

申込資格が18歳〜39歳と限定はされていますが、条件に当てはまるようであればおすすめのできるクレジットの1枚です。

↓【公式サイト】JCB カード ダブルのお申し込みはこちら

JCBゴールドカード

年会費(本会員)11,000円(税込)
初年度年会費無料(オンライン入会の場合のみ)
年会費(家族会員)1名様無料、
2人目より1名様につき1,100円(税込)
申込対象(本会員)20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方。
※学生の方はお申し込みになれません。
申込対象(家族会員)生計を同一にする配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方。
旅行傷害保険海外 : 最高1億円
国内 : 最高5,000万円
国内・海外航空機遅延保険乗継遅延費用保険金:2万円限度
出航遅延費用等保険金:2万円限度
寄託手荷物遅延費用保険金:2万円限度
寄託手荷物紛失費用保険金:4万円限度
空港ラウンジ・国内の主要空港、およびハワイ ホノルルの国際空港内のラウンジを無料利用
・世界1,100ヵ所以上のラウンジを1回のご利用につき、US35ドル(一部空港ラウンジはUS27ドル)で利用できる空港ラウンジサービス「ラウンジ・キー」を利用可能

空港ラウンジ、各種保険など充実したサービスや特典を求める方におすすめの1枚が、JCBゴールドカードです。

ナンバーレス仕様のカードデザインが選べるなど、セキュリティー面にも配慮している特徴があります。

また、JCBゴールドカードで利用実績を作ることで、上位カードである「JCBゴールド ザ・プレミア」の招待状を受け取ることも可能です。

↓【公式サイト】JCBゴールドカードのお申し込みはこちら

まとめ:JCBギフトカードはクレジットカードとポイントサイトからの購入がお得

JCBギフトカードをお得に購入するための方法についてご紹介をしました。

本記事の内容を改めてまとめると以下のとおりです。

JCBギフトカードをお得に購入するためには

  • ポイントサイト経由(特にハピタス)で購入する
  • ANA JCBカードを利用して購入する

ポイントサイト経由であればハピタス、ANA JCBカードであればANA JCBワイドゴールドやソラチカゴールドを利用すると、よりお得にJCBギフトカードの購入が可能です。

ギフト券の購入でマイルの獲得、入会キャンペーンの獲得などの活用にご検討されてみてください。

ANA JCBカードは下記の2種類がオススメです。

ANA JCBワイドゴールドカードの詳細

あわせて読みたい
ANA JCBワイドゴールドカードのメリット・デメリットを解説!一番バランスが良いANAカード(6月PR) ANA JCBワイドゴールドカードのメリット・デメリットからカードの特徴を解説していきます。 現在入会キャンペーンでは、最大47,000マイル(抽選込みで107,000マイル)獲...

ソラチカゴールドカードの詳細

あわせて読みたい
ソラチカゴールドカードのメリット・デメリット!1.5625%ANAマイル還元でコスパ最高【6月PR】 ANA To Me CARD PASMO JCB GOLD(通称:ソラチカゴールドカード)は、ANAカードの中で特典内容と還元率、年会費とのバランスを見ていくと最強クラスのカードになってい...

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次