MENU

【6月最新】ビューゴールドプラスカード入会キャンペーン!メリット・デメリット解説#PR

ビューゴールドプラスカードは、JR東日本のビューカードのゴールドカードになります。

JR利用でのポイント還元アップ、Suica機能付帯で日常でも便利など、Suicaを使った生活が日常の方にとってお得度の高いクレジットカードになっています。

この記事では、お得な入会方法、カードの仕様を解説していきます。

カード入会だけで、初年度の年会費を払ってもプラスになってしまうほどお得な内容になってますので、ご検討する材料になれば幸いです。

この記事の信頼性

Seki
『マイルの錬金術師』を運営してますSekiです。

私の経歴と実績を簡単にご紹介します。
沖縄に移住して8年。
毎朝ビーチに行ってゴロゴロするのが日課です。
2018年から陸マイラーブログを開始し「累計で貯めたマイル数は2,000万マイル以上」になりました。

コスパの良い旅行を追求して、なるべくお金を使わないでリッチな体験をすることが趣味です。
Instagram:フォロワー約11,000人(@mile.mugen001)
X(Twitter):フォロワー約11,000人(@seki1410
YouTube:マイルの錬金術師
目次

ビューゴールドプラスカードの入会キャンペーン

2024年5月1日〜7月31日までの入会で、最大27,000円相当のポイントを獲得することができます。

ポイント獲得条件は以下の通りです。

①通常入会特典で5,000ポイント獲得
②キャンペーン中オンライン入会でさらに6,000ポイント獲得
③家族カードの同時入会で3000ポイント
 ※家族カード1枚は年会費無料
④モバイルSuica5,000円以上を含む20万円以上の利用で2,000ポイント
⑤モバイルSuica5,000円以上を含む50万円以上の利用で8,000ポイント


最大で24,000円相当のポイントを獲得することができます。

また、20代の方が入会をするとさらに3,000ポイント獲得することができます。
その場合は、最大で27,000ポイント獲得となります。

キャンペーンの適用には、2024年9月30日までに「ビューカードアプリ」にログインをする必要があります。

ビューゴールドプラスカードの基本スペック

クレジットカードのブランドはJCBのみになります。

年会費

年会費は11,000円(税込)

家族カードは、1枚目無料、2枚目からは1枚3,300円(税込)となっています。

ETCカードの年会費は無料となっているので、その点も魅力的です。

ポイント還元率

カードの決済で貯まるポイントはJREポイントになります。

基本還元率は0.5%です。

1,000円利用で5ポイント獲得が基本になります。

ビューゴールドプラスカードの6つのメリット

ビューゴールドプラスカードの特徴を6つのメリットとして解説していきます。

お得な利用特典

ビューゴールドプラスカードは、年間100万円以上の利用があると、毎年5,000ポイントのプレゼントがあります。

ビューゴールドボーナス

年間の利用金額に応じてボーナスポイントがもらえる「ビューゴールドボーナス」というポイント付与があります。

年間で150万円決済以上からボーナスポイントがもらえ、最大で300万円決済で12,000ポイントの獲得になります。

ステージ決済額ボーナスポイント
Gボーナス150150万円3,000ポイント
Gボーナス200200万円6,000ポイント
Gボーナス250250万円9,000ポイント
Gボーナス300300万円12,000ポイント

JRのきっぷ、グリーン券、定期券の購入でポイント還元アップ

JRのきっぷ、グリーン券、定期券の購入でポイント還元率が最大10%まで上がります。

新幹線のチケット購入が定期的にあったり、JR東日本の定期券購入がある場合、ポイント還元的にかなりのうまみがあります。

Suica機能が使えるので日常で便利

クレジットカードにSuica機能が付いてますので、Suicaとして利用することが可能です。

コンビニ、ファーストフード店に自販機などSuicaが使える場所は増えているので、より簡単にキャッシュレス決済をすることができます。

オートチャージ利用でポイント還元アップ

自動改札機へのタッチでSuicaチャージができるオートチャージ機能を利用すると、ポイント還元率が3倍の1.5%になります。

Suica定期券としても使える

定期券としても使えるので、持ち歩くカードの枚数を減らせる利点があります。

ポイントの利用幅が広い

貯まったポイントは、様々な方法で利用することができます。

Suicaチャージで利用

JREポイントは、1ポイント=1円相当としてSuicaへチャージすることができます。

買い物は電車での利用をすることができます。

商品、商品券に交換

JRE POINT WEBサイドなどで、鉄道グッズ、家電、グルメなどの商品に交換したり、新幹線などで利用できる「JRE POINT特典チケット」に交換することができます。

交換先によっては、1ポイント=1円以上になる交換先もありますので、よく確認して使われた方がよりお得になります。

一部の交換先をご紹介します。

交換先必要ポイント数
Suicaチャージ1P〜
Suicaグリーン券400P
鉄道博物館入館引換券1,330P
メトロポリタンホテルズ共通利用券(2,000円相当)1,750P
ジェクサー1日利用券(3,000円相当)2,100P
ホテルニューグランド利用券(3,000円相当)2,550P
全国お取り寄せスイーツカード(3,500円相当)3,350P
東京ステーションホテル利用券(5,000円相当)4,700P
東北うめぇどカード(5,000円相当)4,750P
お取り寄せグルメカード(5,250円相当)5,000P
リクラゼ利用券(2,000円相当)1,950P

その他交換先は、下記のリンクよりご確認ください。

ポイント交換先一覧

ビューゴールドプラスカード限定の優待サービスが充実

ビューゴールドプラスカードには、限定の特典が多数あります。

ビューゴールドラウンジの利用

東京駅から出発する場合、利用条件を満たすことでビューゴールドラウンジを利用することができます。

利用条件は以下の通りです。

・当日東京駅発の新幹線グリーン車・特急列車グリーン車をご利用になる方
・ビューゴールドラウンジご利用券をお持ちの方
・当日東京駅発の「グランクラス」をご利用になる方
※同伴者の利用は、3,300円の利用料またはビューゴールドラウンジ利用券が必要になります。

限定の会員誌、イベント

ゴールドカード限定の会員誌、イベントなどがあります。

会員誌は「VIEW PREMIUM」が年に2回発行されます。

イベントは、過去に開催された事例を一部ご紹介します。

開催日イベント名
2018年9月TRAIN SUITE 四季島」探遊探訪の旅3日間
2018年10月東京ステーションホテル ディナー貸切ビュッフェ
2019年4月、5月、6月伊豆トレイルで行く 大人の列車旅
2019年11月鉄道博物館「ナイトミュージアム」

イベントは、中々中身の濃いものが多い印象があります。

近年は、コロナの影響で開催されていませんが、落ち着いたら復活するものと思われます。

国内空港ラウンジの利用、手荷物サービス

国内空港のカードラウンジを無料で利用することができます。

家族カードも同様の特典を受けられます。

対象の空港ラウンジは下記の通りです。

スクロールできます
空港ラウンジ名
新千歳空港スーパーラウンジ
旭川空港ラウンジ大雪
函館空港ビジネスラウンジ A Spring.
青森空港エアポートラウンジ
秋田空港ラウンジロイヤルスカイ
仙台空港ビジネスラウンジ EAST SIDE
成田国際空港 第1ターミナルIASS EXECUTIVE LOUNGE1
成田国際空港 第2ターミナルIASS EXECUTIVE LOUNGE2
羽田空港 第1ターミナルPOWER LOUNGE CENTRAL
POWER LOUNGE SOUTH
POWER LOUNGE NORTH
羽田空港 第2ターミナルエアポートラウンジ(南)
POWER LOUNGE CENTRAL
POWER LOUNGE NORTH
羽田空港 第3ターミナルSKY LOUNGE
富士山静岡空港YOUR LOUNGE
中部国際空港プレミアムラウンジ セントレア
新潟空港エアリウムラウンジ
富山空港ラウンジ らいちょう
小松空港スカイラウンジ白山
大阪国際空港(伊丹空港)ラウンジオーサカ
関西国際空港カードメンバーズラウンジ
「六甲」
「アネックス六甲」
「金剛」
神戸空港ラウンジ神戸
岡山空港ラウンジ マスカット
広島空港ビジネスラウンジ もみじ
米子鬼太郎空港ラウンジ DAISEN
山口宇部空港ラウンジきらら
出雲縁結び空港エアポートラウンジ
高松空港ラウンジ讃岐
松山空港ビジネスラウンジ
徳島空港エアポートラウンジ ヴォルティス
高知空港ブルースカイ
福岡空港ラウンジTIME/ノース
ラウンジTIME/サウス
ラウンジTIMEインターナショナル
北九州空港ラウンジひまわり
長崎空港ビジネスラウンジ アザレア
大分空港ラウンジ くにさき
佐賀空港Premium Loungeさがのがら。
阿蘇くまもと空港ラウンジ ASO
宮崎空港ブーゲンラウンジひなた
鹿児島空港スカイラウンジ菜の花
那覇空港ラウンジ華hana〜〜
ダニエル・K・イノウエ国際空港(ハワイ)ISSA HAWAII LOUNGE

世界の空港ラウンジが利用できる「ラウンジ・キー」

ラウンジ・キーでは、世界1,000ヶ所を越える空港ラウンジを利用することができます。

ただし、年会費は無料となっていますがラウンジの利用料金は都度$32かかります。

海外の空港ラウンジは、$32払ったとしても食事のメニューも多くアルコールも飲み放題になっているので、飛行機搭乗前の時間をゆっくり過ごすには価値があるものかと思います。
(ラウンジを無料で利用したい場合は、別途プライオリティパスを取得ください。)

利用できるラウンジの一例ですが、韓国の金浦空港のSKY HUB LOUNGEもラウンジ・キー対象になっています。

中は、スタイリッシュなカフェ風な内装です。

食事は、好きな具をのせて作れる手作りビビンバなど、味はとてもよかったです。

アルコールも生ビールはじめ、ワイン、スパークリングワイン、ソフトドリンクと豊富でした。

ゴールドカード限定優待サービス

ホテルの利用券プレゼント、東京駅内の飲食店割引、ドリンクサービス、その他の限定割引サービスなどが受けられます。

優待サービス一覧はこちら

旅行保険、各種プロテクションが充実

旅行保険は、海外、国内ともに自動付帯になっています。

最近、旅行保険は利用付帯になるカードが増えている中、自動付帯は嬉しいです。

海外旅行保険

補償内容補償金額
死亡・後遺障害最高5,000万円
傷害治療100万円
疾病治療100万円
賠償責任3,000万円
20万円
100万円

国内旅行保険

補償内容補償金額
死亡・後遺障害最高5,000万円
入院5,000円/日
手術入院保険金日額の10倍または5倍
通院3,000円

ショッピングプロテクション

ビューゴールドプラスカードで購入された物品について、購入日より90日以内に、偶然の事故による破損や盗難が発生した場合、年間最大300万円まで補償されます。

※自己負担額5,000円が必要になります。

ビューゴールドプラスカードのデメリット

続いて、ビューゴールドプラスカードのデメリットを解説します。

基本のポイント還元率が低い

基本ポイント還元率が0.5%なので、年会費10,000円以上のクレジットカードとしては低いと言わざるを得ません。

年間100万円以上の利用でもらえるボーナスやビューゴールドボーナス(150万円以上の利用)などを獲得すれば、実質的な還元率は1%程度になります。

基本的に、メインカードというよりJRのきっぷ、定期券購入専用の使い方がベターではないかと思います。

ポイントが貯まるのが1,000円単位

還元率が低いだけでなく、1,000円利用単位でのポイント加算もデメリットと言えます。

計算の仕方は、一度の買い物で1,000円単位で切り捨てられるのではなく、月間単位での計算になっています。

Suica以外の電子マネーチャージはポイント対象外

ビューゴールドプラスカードで、Suica以外の電子マネーにチャージをした場合、ポイント付与の対象外になります。

例えば、楽天Edy、nanacoなどのチャージはポイントがもらえません。

まとめ:ビューゴールドプラスカードはポイントサイトから申込むとお得

ビューゴールドプラスカードのお得な作り方とカードの特徴について解説をしていきました。

2024年7月31日までの入会で、最大27,000円相当のポイントを獲得することができます。

ポイント獲得条件は以下の通りです。

①通常入会特典で5,000ポイント獲得
②キャンペーン中オンライン入会でさらに6,000ポイント獲得
③家族カードの同時入会で3000ポイント
 ※家族カード1枚は年会費無料
④モバイルSuica5,000円以上を含む20万円以上の利用で2,000ポイント
⑤モバイルSuica5,000円以上を含む50万円以上の利用で8,000ポイント


最大で24,000円相当のポイントを獲得することができます。

また、20代の方が入会をするとさらに3,000ポイント獲得することができます。
その場合は、最大で27,000ポイント獲得となります。

キャンペーンの適用には、2024年9月30日までに「ビューカードアプリ」にログインをする必要があります。

入会しただけでも11,000ポイントもらえるので、実質初年度の年会費は無料にすることができます。

↓お申し込みはこちら

以上、最後までご覧いただきありがとうございました。

【合わせて読みたい】

三菱UFJカードはコンビニなど加盟店で高還元が取りやすいカードです。

あわせて読みたい
三菱UFJカードすべて!メリット・デメリットを徹底解説(6月#PR) 三菱UFJニコス株式会社から発行されている数あるクレジットカードの中で、最もベーシックなランクに位置するのが、三菱UFJカードです。 18歳以上(高校生不可)であれば...

三井住友カード系ならOliveがコンビニなど加盟店の還元率高く取れます。

あわせて読みたい
【6月23,600円】Oliveの入会キャンペーン!1枚で4つの機能がある特徴を解説#PR Oliveは三井住友銀行・三井住友カードでお馴染みのSMBCグループが始めた新しいサービスで、銀行、クレカ、証券口座、保険などが1つのアプリでまとめて管理できるという...

楽天カードがキャンペーン開催中です!

あわせて読みたい
楽天カード入会キャンペーン【6月16,000P】メリット・デメリットを解説 楽天カードの入会キャンペーンを中心に、メリットデメリットまでを詳しく解説していきます。 楽天カードは、新規入会キャンペーンで最大16,000ポイントを獲得することが...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次