MENU

【7月最新】MUFGプラチナの入会キャンペーン解説!マイル還元率最大1.2%のコスパカード#PR

三菱UFJニコスカード発行されている数あるクレジットカードの中で、最高峰のステータスを有するのが「MUFGプラチナ」です。

年会費無料で申し込みができる家族カードにもプライオリティ・パスが付帯し、本会員の年会費22,000円のみでプライオリティ・パスが合計2枚保有できる点が人気を集めるカードです。
夫婦で発行すると、469USドル×2 =938USドル(約150,000円相当)を無料で持てる

また今であれば、新規入会キャンペーンで15,000円相当のポイントが獲得できます。

本記事では、MUFGプラチナの入会キャンペーンの詳細やカードの基本情報について解説します。

MUFGプラチナの入会を検討されてましたら、ご参考になりますと幸いです。

この記事の信頼性

Seki
『マイルの錬金術師』を運営してますSekiです。

私の経歴と実績を簡単にご紹介します。
沖縄に移住して8年。
毎朝ビーチに行ってゴロゴロするのが日課です。
2018年から陸マイラーブログを開始し「累計で貯めたマイル数は2,000万マイル以上」になりました。

コスパの良い旅行を追求して、なるべくお金を使わないでリッチな体験をすることが趣味です。
Instagram:フォロワー約11,000人(@mile.mugen001)
X(Twitter):フォロワー約11,000人(@seki1410
YouTube:マイルの錬金術師
目次

三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス®・カード(MUFGプラチナ)の入会キャンペーン

はじめに、MUFGプラチナで現在開催されている入会キャンペーンについて解説します。

条件達成で、最大15,000円相当のポイントプレゼント

MUFGプラチナに入会し、入会日から2ヵ月後の末日までに以下の条件をクリアすると、最大で3,000ポイント(15,000円相当)を獲得することができます。

①MUFGカードアプリにログインをする
②1万円以上のショッピング利用で200ポイント(1,000円相当)獲得
 3万円以上のショッピング利用で600ポイント(3,000円相当)獲得
 10万円以上のショッピング利用で3,000ポイント(15,000円相当)獲得

最大3,000ポイント(15,000円相当)獲得

MUFGカードアプリでは、MUFGプラチナの日々の利用明細、獲得したポイントなどを一元管理することができます。

iPhone、Android端末のどちらにも対応しており、無料でダウンロード、利用が可能です。

ポイントの交換もアプリ上で可能なため、カードが手元に届き次第に利用の手続きを行うようにしてください。

キャンペーン獲得条件は、アプリのログインとクレジットカードでのショッピング利用です。

期間内に10万円以上の利用をすることで、3,000ポイントの獲得が可能です。

キャンペーン獲得のハードルは低めで、日々の支払いをMUFGプラチナで行えば十分に達成できる金額になっています。

カードご入会を希望される場合は、以下のボタンよりお申し込みください。

↓【公式サイト】カードのお申し込みはこちら

MUFGプラチナの基本仕様・特徴

MUFGプラチナの基本仕様は以下の通りです。

三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス®・カード
提携ブランドAMEX
お申し込み資格(本会員)20歳以上でご本人に安定した収入のある方(学生を除く)
お申し込み資格(家族会員)本会員の配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方
年会費(本会員)22,000円(税込)
年会費(家族会員)1名さまは無料、2人目より1名さまにつき3,300円(税込)
ご利用可能枠最大500万円
お支払日15日締め翌月10日払い
ポイントプログラムMUFGカード グローバルポイント
ポイント還元率1,000円=1ポイント
(1ポイント=最大5円)
基本還元率0.5%
最大還元率19.0%
コンシェルジュサービス24時間・365日利用可能
プライオリティ・パスプレステージ仕様
※家族会員も無料
レストラン大人2名さま以上で予約した場合に、1名さま分の料金が無料
ホテル各種優待あり
手荷物空港宅配サービス往路・復路で利用可能
海外旅行傷害保険最高1億円
国内旅行傷害保険最高5,000万円
国内・海外渡航便遅延保険最高2万円
ショッピング保険年間限度額 300万円
犯罪被害傷害保険最高1,000万円
ETCカード無料
UnionPay(銀聯)新規発行手数料1,100円(税込)

細かい内容については個別に解説をしていきます。

国際ブランド

MUFGプラチナの国際ブランドは、アメリカン・エキスプレス(AMEX)です。

アメックスは、1850年にアメリカのニューヨーク州・バッファローで創業した会社です。

日本では1917年、横浜に初の事業所を解説しサービスを開始しました。

アメリカでの創業当初は荷馬車を使って急行便ビジネスを行っていた、ユニークな歴史をもつ会社です。

現在では、世界中に加盟店を広げ日本国内ではJCBとの業務提携も行っているため、JCBカードが使えるお店ではアメックスのカードも利用することが可能です。

申し込み資格

MUFGプラチナの申込資格は以下の通りです。

MUFGプラチナのお申し込み資格(本会員)

20歳以上でご本人に安定した収入のある方(学生を除く)。

MUFGプラチナのお申し込み資格(家族会員)

本会員の配偶者・親・子供(高校生を除く18歳以上)の方。

MUFGプラチナは、三菱UFJニコスのクレジットカードの中では最高ランクのカードです。

そのため、年齢制限、安定した収入が必須など一般カードと比較をすると少し高めの入会資格が設定されています。

しかし、年齢制限をクリアして安定した収入がある方であれば、審査通過をそれほど恐れる必要はありませんので、お気軽にカードへのお申し込みされてみてください。

年会費

MUFGプラチナの本会員・家族会員の年会費は以下の通りです。

本会員家族会員
22,000円(税込)1名さまは無料
2人目より1名さまにつき3,300円(税込)

年会費は22,000円(税込)となっており、月額で計算をすると2,000円以下でプラチナカードを保有することができます。

また家族会員は1名分無料で利用ができるのもおすすめのポイントです。

以下の表からも分かる通り、プラチナカードに分類されるクレジットカードの中では比較的年会費の安いカードです。

カードの種類年会費
三菱UFJカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス(R)・カード22,000円(税込)
JCBプラチナ27,500円(税込)
三井住友カード プラチナプリファード33,000円(税込)
JALカード プラチナ34,100円(税込)
三井住友カード プラチナ55,000円(税込)

利用限度額

MUFGプラチナの利用限度額は、最高500万円です。

大きなお買い物や、旅行の支払いをしても、日常の生活であれば不自由を感じる金額ではありません。

クレジット利用枠50~500万円
内リボ払い・分割払い50~100万円

一方で、カード申込後に実際に設定される利用限度額については、個人の年収・貯蓄・信用情報などを総合的に判断して決定がされるため、必ずしも500万円ではないことはご注意ください。

カード申込直後は、限度額が低く設定される場合があります。

カードの利用実績を積むことで利用限度額の拡大が行われますので、利用枠を上げたい場合には日頃からカード利用をすることが大切になります。

ポイント還元率

MUFGプラチナでは、クレジットカードの決済でグローバルポイントを貯めることが可能です。

ポイントプログラムの概要は以下の通りです。

ポイントプログラム名称グローバルポイント
ポイント還元率1,000円=1ポイント
ポイント価値1ポイント=最大5円相当
0.5%の還元率
有効期限獲得月から2年間(24か月)

通常は0.5%の還元率ですが、特定の店舗・指定の支払先では優遇サービスが用意されおり、通常よりも多くのグローバルポイントを貯めることが可能です。

グローバルポイントの優遇サービス一覧
↓スマホは横スクロールできます。

スクロールできます
対象店舗ポイント還元率
対象店舗でのご利用・セブン‐イレブン
・ローソン
・コカ・コーラ自販機
・ピザハットオンライン
・松屋・松のや・マイカリー食堂(店舗券売機・セルフレジでのご利用分)
・松弁ネット・松屋モバイルオーダー・松弁デリバリー
5.5%
ネットショッピングPOINT名人.comを経由してネットショッピングをする最大12.5%
電気料金のお支払い「グローバルポイントでんき」に加入し、MUFGプラチナで支払いを行う3.0%
アメリカン・エキスプレス ボーナスポイントプログラム対象店舗でのカード利用
(サービス・レストラン・ホテル・ショッピングの4つのカテゴリーで、100以上あり)
通常の2倍~10倍
グローバルPLUS月間(1カ月)のショッピングご利用金額に応じて最大基本ポイントの50%分を加算

対象店舗でのカード利用で最大19%のポイント還元

MUFGプラチナでは対象店舗でのカード決済で、最大19%のポイント還元を受けることのできるキャンペーンも開催されています。
※最大19%還元は2024年7月31日利用分まで
※8月以降は最大15%のポイント還元継続

対象店舗は以下の通りで、全国展開をしているチェーン店ばかりのため、居住地にかからわずキャンペーンへ参加できるのも魅力的なポイントです。

対象店舗一覧(※1)

  • セブン‐イレブン
  • ローソン
  • コカ・コーラ自販機(タッチ決済、QUICPay、Coke ON)
  • ピザハットオンライン
  • 松屋
  • 松のや
  • マイカリー食堂

*対象店舗は予告なく変更または追加となる場合があります。

対象店舗でのカード利用で最大19%のポイント還元を受けるためには下記に記載のNo1〜No8の条件を満たす必要があります。

対象条件は内容がわかりやすく、達成のしやすいものになっていますので、できる限り高還元を得られる様にお試しください。
↓スマホは横スクロールできます。

スクロールできます
No.対象条件還元率
1対象店舗でのお買い物をする(※2)5.5%
2MUFGプラチナの支払口座に、三菱UFJ銀行を設定する+4.0%
31ヶ月の利用金額に応じてポイント還元率がアップ(※3)
・3万円以上:0.5%
・5万円以上:+1.0%
・10万円以上:+1.5%
最大+1.5%
4利用期間中に、「MUFGカードアプリ」に1回以上ログイン+0.5%
5「分割払い」または「楽Pay」を利用する+5.0%
6Apple Pay(QUICPay)、Apple StoreなどのAppleサービス、Google Playのいずれかでカードを利用する+0.5%
7「携帯料金(※4)」または「電気料金(※5)」の支払いを行う+0.5%
8No3〜No7の条件を、4つ以上達成+1.5%
合計19.0%

※1:還元するポイントは、1ヶ月のご利用金額合計1,000円ごとに算出します。各店舗それぞれのご利用金額を集計のうえ算出します。(一部付与対象とならない店舗があります) また、Apple Payとカード現物(タッチ決済含む)のご利用分は、それぞれ別で集計します。
※2:5.5%は基本ポイント(0.5%)+スペシャルポイント(5.0%)の合計です。
※3:利用期間のうち、いずれか一月でもご利用金額の合計が条件を達成されている場合に対象。
※4:NTTドコモ(ahamo含む)、ソフトバンク(LINEMO含む)、au(povo含む)、ワイモバイルへの支払いが対象です。
※5:グローバルポイントでんき、北海道電力、中国電力、東北電力、四国電力、北陸電力、九州電力、東京電力沖縄電力、中部電力ミライズ、auでんきへの支払いが対象です。

貯めたポイントの活用方法

MUFGプラチナで貯めたポイントは、200種類以上の多種多様な電子マネー・商品券・他社ポイントなどに交換をすることができます。

1ポイントは最大5円相当で交換可能です。

交換先により必要となるポイント数が異なるため、レートの良い交換先、日常でよく使うサービスを考慮して選択をするのがおすすめです。

電子ギフト券

グローバルポイントは、各種電子ギフト券に交換が可能です。
↓スマホは横スクロールできます。

スクロールできます
交換先必要なグローバルポイントギフト券面
・Amazonギフトカード
・Amazon図書商品券
100ポイント500円分
・Apple Gift Card
・Google Play ギフトコード
・QUOカードPay
・デジタルKFC CARD
・吉野家デジタルギフト
・タリーズデジタルギフト
・サーティワン デジタルギフト
・すかいらーくご優待券
・図書カードネットギフト
・西松屋チェーンデジタルギフト
・レコチョクプリペイドカード
・ブックライブプリペイドカード
125ポイント500円分
・劇団四季ギフトコード
・Huluチケット
250ポイント1,000円分

ポイント移行

グローバルポイントを、他社のポイントやマイルへ交換をすることもできます。楽天ポイントやWAONポイントなど、現金同様に使えるサービスがあるのも魅力的です。
↓スマホは横スクロールできます。

スクロールできます
交換先必要なグローバルポイント交換後の他社ポイント数
Pontaポイント200ポイント800ポイント
楽天ポイント200ポイント600ポイント
nanacoポイント200ポイント600ポイント
WAONポイント200ポイント600ポイント
JALマイレージバンク200ポイント400マイル
dポイント200ポイント800ポイント
ベルメゾン・ポイント500ポイント2,500ポイント
ビックポイント500ポイント2,500ポイント

航空会社のマイルに交換できるマイレージプログラム

MUFGプラチナでは、グローバルポイントを提携航空会社のマイルに交換ができるマイレージプログラムを利用することができます。

マイレージプログラムの詳細は以下の通りで、マイルへ交換するためには事前に各航空会社のマイレージプログラムへ参加をしておく必要があります。
↓スマホは横スクロールできます。

スクロールできます
日本航空
【JALマイレージバンク】
シンガポール航空
【クリスフライヤー】
大韓航空
【スカイパス】
参加年会費3,300円(税込)
移行手数料
※1回あたり
6,600円(税込)
マイル移行条件グローバルポイント1ポイント=8マイル
移行上限ポイント
※1回あたり
1,900ポイント(15,200マイル)年間移行上限ポイントの範囲内3,800ポイント(30,400マイル)

※移行先3社合計で、年間19,000ポイント(152,000マイル)を上限とします。
※年間の移行ポイント数は、原則参加年会費支払月の前月を起算月とした、12ヵ月間における累計とします。

詳細を見ていただいて分かる通り、マイルの以降に関しては1回あたり手数料の支払いが必要です。

また、日本航空と大韓航空に関しては1回あたりの移行ポイントに上限もあるため、分割してポイント交換をすると年間19,000ポイントの枠をすべて活用にするためには、手数料が更にかさみます。

↓写真はシンガポール航空のビジネスクラスの座席

費用を抑えてポイントをマイルに交換をするのであれば、1回あたりのポイント移行数に上限がないシンガポール航空がおすすめです。

またシンガポール航空はスターアライアンスに加盟する航空会社のため、シンガポール航空のマイルで同グループに属するANAの特典航空券を購入することもできます。

15,200マイルまでならJALマイルへの交換も良いと思いますが、それ以上の交換は移行手数料が交換回数分かかりますので、個人的にはおすすめしません。

グローバルPLUSで還元率アップ

MUFGプラチナは、グローバルPLUSという月間のショッピング利用金額に応じて、その月のポイント還元を優遇するサービスがあります。

利用金額と優遇内容は以下の通りです。
↓スマホは横スクロールできます。

スクロールできます
ステージPLUS50PLUS20
1ヶ月のショッピング
利用金額
10万円以上3万円以上
10万円未満
優遇内容基本ポイントの50%分を加算基本ポイントの20%分を加算

グローバルポイントの基本還元率は1,000円=1ポイントとなりますが、月に10万円以上のショッピング利用をしていると+50%のボーナスが加算されるので、1,000円=1.5ポイントになります。

10万円利用時の獲得ポイントは、150ポイントになります。

マイレージプログラムを利用して、航空会社のマイルに交換した場合の獲得マイル数は、

150ポイント×8マイル=1,200マイル
(マイレージプログラムは、1ポイント=8マイルで交換)

10万円利用で1,200マイルを獲得できるので、マイル還元率としては1.2%になります。

マイル還元率としては、1%を超えるクレジットカードは少ないので高還元率と言えます。

コンシェルジュサービス

MUFGプラチナには、プラチナ・コンシェルジュと呼ばれるサービスが用意されており、24時間・365日、電話やメールでカードユーザーの様々な要望に対応を行っています。

また、2023年6月19日からはLINEでの問い合わせ対応もスタートしています。

プラチナ・コンシェルジュへ依頼できる内容は、レストランの予約やギフトの相談、旅行の手配など多岐にわたります。

プラチナ・コンシェルジュサービスへ依頼できること(一例)

  • 国内・海外でのレストラン予約
  • 海外のミュージカル等のチケット手配
  • 日本では未発売の商品の探索および購入
  • 国内・海外のショッピングモール・ブランドショップ情報のご案内
  • 海外旅行をする際の一般的な情報のご案内
  • 旅のプランニングのお手伝い
  • ご希望にあわせたギフトの相談・手配
  • 海外旅行中の、電話による簡単な通訳サービス(ビジネスの場合は除く)。

専門知識豊富なコンシェルジュが対応するため、自分では見つけることのできなかった旅先やレストランなど、新しい出会いがあるのも魅力的なポイントです。

相談事や困り事がある場合は、ぜひ一度お問い合わせをしてみてください。

プライオリティ・パスが無料付帯(家族カードも無料)

プライオリティ・パスとは、世界で145以上の国や地域、600以上の都市で1,500ヵ所以上の空港ラウンジを利用することができる、会員制のサービスです。

空港ラウンジでは、食事やソフトドリンク、アルコール、広々とした作業用のデスクなどが用意され、飛行機出発までの待ち時間を快適に過ごすことができます。

ラウンジの設備は航空会社が提供するビジネスクラスラウンジ同等で、質の高いサービスを受けることができると、旅行好きの方、出張でよく空港を利用する方から高い評価を集めています。

プライオリティ・パスでは年会費・年間利用回数別に3つのプランを用意されています。

MUFGプラチナに付帯されるのは、その中でも最高ランクの「プレステージ」です。

↓スマホは横スクロールできます。

スクロールできます
会員プラン年会費利用制限
スタンダード99USドルラウンジ利用1回毎に、35USドルの支払いが必要
スタンダード・プラス329USドル無料利用10 回、その後の利用は35USドルの支払いが必要
プレステージ469USドル利用回数に制限なし

使い勝手が良いのはもちろん、通常の年会費が469USドル(1ドル160円計算で75,040円)であることを考えると、本特典を利用するだけで、カード本体の年会費以上の得ができてしまう計算です。

MUFGプラチナでは、家族カードでも無料でプライオリティパスが無料で発行することができます。

夫婦で発行すると、469USドル×2 =938USドル(約150,000円相当)を無料で持てる計算になります。

この夫婦でプライオリティパスを格安で持てる点が、このカードの大きなメリットでもありますので、ぜひご活用いただけたらと思います。

また参考として、日本国内の主要空港でプライオリティ・パスを使って利用ができるラウンジ・レストランは以下の通りです。
※2024年7月時点
↓スマホは横スクロールできます。

スクロールできます
空港対象施設
成田国際空港・IASS Executive Lounge
・I.A.S.S Superior Lounge -NOA-
・I.A.S.S Superior Lounge -KoCoo-
・ナインアワーズ(シャワー&仮眠最大5時間無料、宿泊3,400円引き)
・鉄板焼 道頓堀 くり田(レストランが指定する3,400円相当のセットメニュー)
・肉料理 やきすき やんま(3,400円相当のセットメニュー)
・Japanese Grill & Craft Beer | TATSU(3,400円相当のセットメニュー)
羽田国際空港(国際線)・TIAT LOUNGE
・Sky Lounge South
羽田エアポートガーデン・All Day Dining Grande Aile(レストラン)
羽田国際空港(国内線)・Foot Bath Cafe & Body Care LUCK(マッサージ3,400円割引)
・Power Lounge South
・Power Lounge Central
・Power Lounge North
・Airport Lounge South
関西国際空港・ANAラウンジ
・カードメンバーズラウンジ 「アネックス六甲」
・カードメンバーズラウンジ 「金剛」
・カードメンバーズラウンジ 「六甲」
・ぼてじゅう・Japan Travelling Restaurant(3,400円割引)
・カフェラウンジ「NODOKA」(3時間プランor3,400円割引)
中部国際空港・KALラウンジ(大韓航空)
・プラザ・プレミアム・ラウンジ
・セントラルグローバルラウンジ
・ぼてぢゅう(ぼてぢゅうセットor大阪道頓堀セット)
・くつろぎ処(温泉&レストラン)
・海膳空膳(レストラン)
・The Pike Brewing Restaurant & Craft Beer Bar(レストラン)
福岡国際空港・KALラウンジ(大韓航空)
・ラウンジ福岡

空港ラウンジに関しては、海外(アジア)の空港の方が食事やサービスは充実している傾向です。

利用例:羽田空港「All Day Dining Grande Aile」

最近は、国内空港でプライオリティパスが利用できる場所が増えていて、国内線でも利用できるので使い勝手が向上しています。

羽田空港のエアポートガーデンにある「All Day Dining Grande Aile」では、ホテルレストランのランチビュッフェを無料でいただくことができます。

当日の搭乗券(国際線/国内線、出発/到着で利用可)とプライオリティパスの提示で3,850円のランチビュッフェが無料になるというとんでもサービスです。

営業時間が11:00〜15:00までとランチ営業のみが対象です。

サラダやメインの料理はビュッフェになっていて、メニューは定期的に変わっています。

出来立ての料理を提供してくれるコーナーもあり、いつでも温かい食事ができるので満足度は高いです。

利用例:関西国際空港「ぼてぢゅう」「Japan Travelling Restaurant」

関空では、国内線の制限エリア内にある「ぼてぢゅう」「Japan Travelling Restaurant」で3,400円までのメニューを無料でいただくことができます。

営業時間は5:30〜10:30までです。

金額が超えてしまった分は、差額を払えばよいので、値段を気にせず食事ができるのが嬉しいです。

写真は焼きそばとたこ焼きですが、お好み焼きやネギ焼き、串カツなど大阪ならではのメニューもあるので、無料で関西らしい食事が楽しめるので、伊丹空港ではなくわざわざ関空を経由してもいいかもしれません…

ドリンクをつけても3,400円以内に収まっているので無料です。

ラーメンやドンブリ、定食などもあるので、お好み焼きやたこ焼きを食べ飽きてても楽しめます。

上記はウナギを頼んでしまったので500円オーバーしてしまいました。(お茶を頼まないで、水にしておけばギリギリ3,400円に収まりました。)

このように、関空では色々なアレンジをして食事を楽しむことができます。

国内空港ラウンジが無料で利用可能

カードと航空券の提示で、国内主要空港のカードラウンジが無料で利用することができます。

家族カードも利用可能です。

対象ラウンジは以下になります。
↓スマホは横スクロールできます。

スクロールできます
空港ラウンジ名
新千歳空港スーパーラウンジ
旭川空港ラウンジ大雪
函館空港ビジネスラウンジ A Spring.
青森空港エアポートラウンジ
秋田空港ラウンジロイヤルスカイ
仙台空港ビジネスラウンジ EAST SIDE
成田国際空港 第1ターミナルIASS EXECUTIVE LOUNGE1
成田国際空港 第2ターミナルIASS EXECUTIVE LOUNGE2
羽田空港 第1ターミナルPOWER LOUNGE CENTRAL
POWER LOUNGE SOUTH
POWER LOUNGE NORTH
羽田空港 第2ターミナルエアポートラウンジ(南)
POWER LOUNGE CENTRAL
POWER LOUNGE NORTH
羽田空港 第3ターミナルSKY LOUNGE
富士山静岡空港YOUR LOUNGE
中部国際空港プレミアムラウンジ セントレア
新潟空港エアリウムラウンジ
富山空港ラウンジ らいちょう
小松空港スカイラウンジ白山
大阪国際空港(伊丹空港)ラウンジオーサカ
関西国際空港カードメンバーズラウンジ
「六甲」
「アネックス六甲」
「金剛」
神戸空港ラウンジ神戸
岡山空港ラウンジ マスカット
広島空港ビジネスラウンジ もみじ
米子鬼太郎空港ラウンジ DAISEN
山口宇部空港ラウンジきらら
出雲縁結び空港エアポートラウンジ
高松空港ラウンジ讃岐
松山空港ビジネスラウンジ
徳島空港エアポートラウンジ ヴォルティス
高知空港ブルースカイ
福岡空港ラウンジTIME/ノース
ラウンジTIME/サウス
ラウンジTIMEインターナショナル
北九州空港ラウンジひまわり
長崎空港ビジネスラウンジ アザレア
大分空港ラウンジ くにさき
佐賀空港Premium Loungeさがのがら。
阿蘇くまもと空港ラウンジ ASO
宮崎空港ブーゲンラウンジひなた
鹿児島空港スカイラウンジ菜の花
那覇空港ラウンジ華hana〜〜
ダニエル・K・イノウエ国際空港(ハワイ)ISSA HAWAII LOUNGE

プラチナ・グルメセレクション高級レストランが1名無料)

MUFGプラチナには、レストランを利用する際に、所定のコースメニューを大人2名さま以上で予約した場合に、1名さま分の料金が無料になる特典が付帯されています。

利用できるレストランは以下の一例のように、ミシュランで星を獲得するようなハイレベルなところばかりです。

デートや記念日はもちろん、お客様との会食といったビジネスシーンでも利用が可能です。

無料となるコース料金の金額が大きいため、プライオリティ・パスと同じく、本特典をうまく活用すれば、カードの年会費の元以上の価値を得ることも可能です。

価格帯は、20,000円前後/人のお店が多く、高いお店だと30,000円/人以上の設定になっています。

利用ができるレストランは定期的に更新が行われているため、最新の情報についてはカード保有後に会員専用ページからご確認をお願いします。

エリアジャンルレストラン名
表参道・渋谷周辺フレンチラ・ロシェル南青山
金山・東別院・鶴舞周辺フレンチLa TRILOGIE~ラ・トリロジー~
札幌イタリアンRISTORANTE CANOFILO(カノフィーロ)
博多鉄板焼Steak house Medium Rare
北新地日本料理北新地 穂の河(ほのかわ)

プラチナ・ホテルセレクション(ホテルの各種優待)

旅行好きの方におすすめの特典が、国内外のハイクラスホテルでの優待です。

特典の詳細はプラチナ・コンシェルジュを通して確認をすることができるため、ホテルの予約と合わせて問い合わせをしてみてください。

特典が使えるホテルには一例として、ザ・リッツ・カールトン日光、マンダリンオリエンタル東京など5つ星の高級ホテルなどが設定されています。

国内70以上の厳選されたホテルで、1滞在当たり合計で平均550米ドル相当分の優待(約83,000円相当)を受けることができます。

優待特典の一例

  • お部屋のアップグレード
  • 朝食のご提供(2名様まで)
  • アーリーチェックイン
  • レイトチェックアウト
  • 100米ドル相当クレジット

【海外旅行時】手荷物空港宅配サービス

海外旅行へ行く際に、自宅から空港、空港から自宅へ大きなスーツケースを持って移動をするのは、なかなか大変です。

そんな悩みを解決するのが、手荷物空港宅配サービスです。

自宅から下記の対象空港までの間で、スーツケース1個をを無料で運搬してもらうことができます。

2個目以降については、優待価格が適用されます。

サービスの提供については株式会社JALエービーシー(JAL ABC)が行っているため、詳細については公式ホームページも合わせてご確認ください。

対象空港

  • 成田国際空港
  • 羽田空港(第2ターミナル・第3ターミナル)
  • 中部国際空港
  • 関西国際空港

また空港で荷物を受け取る際には、「MUFGプラチナのクレジットカード」、「本サービス対象空港を出発する国際線の搭乗券(またはチケット予約確認書)」、「宅配伝票の控え」の3点の提示が必要です。

忘れた場合は通常料金での請求となるためご注意ください。

コート(防寒具)預かりサービス【ご出国時】

冬休みやお正月に、暖かい南国に海外旅行へいかれる方も多いのではないでしょうか。

そんなときに便利に使えるサービスが、コート(防寒具)預かりサービスです。

成田、羽田、中部、関西空港でサービスを実施しており、受付日~最大30日の間、海外で必要のない衣類(防寒具)などを預けることができます。

旅行中に不要、かつかさばるコート類を預けておけるのは大変便利です。

手荷物空港宅配サービス、プライオリティ・パスなども合わせて活用し、快適な旅をお楽しみください。

サービス受付期間12月1日~3月末
数量1着
お預かり期間受付日~30日まで
お預かり場所出発階にある出国宅配サービスのお引き取りカウンター、
または到着階にある入国宅配サービスのお申込みカウンターでお預かりいたします。
お引渡し場所到着階にある入国宅配サービスのお申込みカウンターでお引渡いたします。

コート(防寒具)預かりサービスを利用する際は、「MUFGプラチナのクレジットカード」、「国際線帰国便の搭乗券の半券」の2点のご提示が必要になります。

Platinum Club Off

Platinum Club Offは、株式会社リロクラブがMUFGプラチナの会員向けに提供しているサービスで、国内宿泊、海外宿泊、レジャー、スポーツ、ショッピング、育児・介護サービスが優待価格で利用できます。

各ジャンル別に利用ができる店舗数、最大の割引率は以下の通りです。

ジャンル対象店舗数割引率
ホテル・旅館国内20,000軒最大80%OFF
グルメ全国60,000店以上最大50%OFF
日帰り湯全国1,000ヶ所以上最大60%OFF
レジャー全国1,000ヶ所以上最大65%OFF
カラオケ約1,000店最大50%OFF
映画鑑賞約300館会員優待価格

季節限定の特別優待、無料トライアルなど上記以外の商品やサービスも多数展開されています。

対象店舗や割引価格については、カードの保有前でも公式サイトから確認が可能です。

どのような優待が利用できるか、ぜひ確認されてみてください。

保険サービス

MUFGプラチナには、旅行中のケガや病気、犯罪被害などにあった場合に補償を受けることのできる各種保険が付帯されています。

保険の利用に関しては、自己申告が必要なため緊急時に備えどのような補償を受けることができるのか、あらかじめしっかりと確認をしておくことが重要です。

以下に各保険の詳細について解説します。

海外旅行傷害保険(自動付帯)

海外旅行傷害保険では、海外旅行中のケガや病気の治療費、カメラなどの携行品の破損・盗難、ホテルの設備を壊してしまったときなどの賠償責任など幅広い補償が利用できます。

MUFGプラチナを保有していれば、事前に申し込みや手続きは一切不要です。

旅費などの支払いを、MUFGプラチナを使っていなくても保険利用ができる「自動付帯制度」のサービスです。

また5,000万円が基本の補償上限金額ですが、旅費などの支払いをMUFGプラチナで行うことで最高1億円まで引き上げが行われます。

MUFGプラチナで旅費を支払えば、ポイント加算の対象にもなるのでぜひ旅費の支払いにはMUFGプラチナをご活用ください。

補償内容保険金額(限度額)
傷害による死亡・後遺障害最高5,000万円
(利用条件適用の場合は最高1億円※2)
傷害による治療費用200万円限度
疾病による治療費用200万円限度
賠償責任3,000万円限度
携行品損害(※1)1旅行につき、50万円限度
保険期間中、100万円限度
救援者費用200万円限度

※1:1回の事故につき携行品1つ(1個または1対)あたり10万円を限度とします。また、1回の事故ごとに、損害額のうち3,000円は自己負担となります。

※2:日本ご出国前に「搭乗する公共交通乗用具」または「参加する募集型企画旅行」の費用を本カードでお支払いいただいた場合、最高1億円の保険金額となります。本カードでのお支払いがない場合でも、最高5,000万円の保険金額が自動で付帯されます。

国内旅行傷害保険(自動付帯)

国内旅行傷害保険では、以下の補償範囲に当てはまる事象で、入院や治療が必要となった場合に補償金を受け取ることが可能です。

国内旅行傷害保険の補償範囲

  • 公共交通乗用具搭乗中の事故
  • 宿泊施設宿泊中の火災または爆発によりケガを被った場合
  • 宿泊を伴う募集型企画旅行参加中にケガを被った場合

補償金額については最高5,000万円で、海外旅行傷害保険と同じく自動付帯制度です。

補償内容保険金額(限度額)
傷害による死亡・後遺障害最高5,000万円
入院保険金(日額)5,000円
手術保険金5,000円×5倍、10倍
通院保険金(日額)2,000円
国内旅行傷害保険

マイカーで旅行中の事故、日帰り旅行で車にはねられたなど事故は補償の対象外のため、不安を感じる方は、保険会社が販売している旅行保険なども合わせて加入を検討されることをおすすめします。

国内・海外渡航便遅延保険(自動付帯)

国内旅行、海外旅行の際に飛行機が欠航しホテルへの宿泊が必要になった、飛行機に預けた荷物が紛失して洋服の購入に費用がかったなどの場合に、その費用を補償するのが国内・海外渡航便遅延保険です。

国内・海外ともに最高で2万円までの保険金が支給されます。

航空機の遅延、手荷物の紛失に関する補償は一般カードなどでは付帯されない保険のため、プラチナカードならではの特典と言うことができます。

補償内容補償額
国内海外
乗継遅延費用保険金
(客室料・食事代)
2万円限度2万円限度
出航遅延費用等保険金
(食事代)
1万円限度1万円限度
寄託手荷物遅延費用保険金
(衣料購入費等)
1万円限度1万円限度
寄託手荷物紛失費用保険金
(衣料購入費等)
2万円限度2万円限度

ショッピング保険

MUFGプラチナで購入した商品が、破損・盗難などの損害にあった場合に、補償を受けることができるのがショッピング保険です。

補償期間は購入日から90日間で、国内・海外とどこで購入をした商品でも補償を受けることが可能です。

保険金を請求する際には、品物を購入した際の売上票(お客さま控)が必要となるため90日間は捨ててしまわないようにご注意ください。

また、置き忘れや紛失も補償の対象外です。

補償期間
(ショッピング利用)
年間補償限度額
(自己負担額:1事故につき3,000円)
購入日から90日間300万円

犯罪被害傷害保険

国内外問わず、第三者の故意による加害行為や、ひき逃げによってケガをした場合に保険金を受け取ることができるのが、犯罪被害傷害保険です。

できることなら被害に合うことは避けたいですが、万が一の際にMUFGプラチナを保有しているだけで、補償を受けることができるのは嬉しい限りです。

保険金を請求する際は、警察などの公の機関への届出が必須です。

自動車事故などで、示談で解決したような場合は、本保険は適用することはできません。

補償内容補償額
死亡・後遺障害(最高額)1,000万円
入院保険金(日額)
事故日から180日限度
7,500円
手術保険金
(1事故につき1回限度)
7,500円×(10~40倍)
通院保険金(日額)
事故日から180日以内90日限度
5,000円

まとめ:MUFGプラチナの入会キャンペーン

MUFGプラチナの入会キャンペーン、カードの基本仕様について解説をしました。

本記事の内容を改めてまとめると以下の通りです。

三菱UFJカードの入会キャンペーン

  • 条件達成で、最大15,000円相当のポイントプレゼント

MUFGプラチナは、コンシェルジュサービスやプライオリティ・パスなど、充実した特典が魅力的なカードです。

特に家族会員もプライオリティ・パスが無料で利用できるのは、旅行好きの方には大変おすすめです。

今月は最大15,000円相当のポイントを獲得できる入会キャンペーンを開催中です。

カードご入会を希望される場合は、以下のボタンよりお申し込みください。

↓【公式サイト】カードのお申し込みはこちら

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次