MENU

マリオットボンヴォイアメックスプレミアム全部解説!豪華特典とメリット・デメリットを徹底紹介(6月)

マリオットボンヴォイアメックスプレミアムのカードの特典からメリット・デメリットを詳しく解説していきます。

この記事を読んでいただければ、カードの全容すべてがわかるように書いています。

マリオットボンヴォイアメックスプレミアムは、年会費の高額なクレジットカードですが、多くの方が年会費以上のメリットを出せるカードとなっていますので、特徴を知って使っていただくことにより年会費の何倍もお得に使うことができます。

私はSPGアメックス時代から5年以上使ってますので、実際の使用感も合わせて今後のカード発行の参考になれば幸いです。

この記事の信頼性

Seki
『マイルの錬金術師』を運営してますSekiです。

私の経歴と実績を簡単にご紹介します。
沖縄に移住して8年。
毎朝ビーチに行ってゴロゴロするのが日課です。
2018年から陸マイラーブログを開始し「累計で貯めたマイル数は2,000万マイル以上」になりました。

コスパの良い旅行を追求して、なるべくお金を使わないでリッチな体験をすることが趣味です。
Instagram:フォロワー約11,000人(@mile.mugen001)
X(Twitter):フォロワー約11,000人(@seki1410
YouTube:マイルの錬金術師
目次

マリオットボンヴォイアメックスプレミアムの豪華特典(これ読めば全部わかる)

Seki
マリオットボンヴォイアメックスプレミアムは、入会キャンペーンポイントをもらうだけでも豪華特典を受け取ることができます。

マリオットボンヴォイアメックスプレミアムの最新の入会キャンペーンは以下の通りです。

入会キャンペーン
  1. 3ヶ月以内に30万円のカード利用で30,000ポイント
  2. カード決済の通常ポイント9,000ポイント

合計:39,000ポイント獲得

詳しいキャンペーン情報はこちらの記事をご参照ください。

あわせて読みたい
【コスト検証付】マリオットボンヴォイアメックス入会キャンペーン(6月)カードの特徴も紹介 この記事では、高級ホテルの利用や航空会社のマイルを貯める際に、特典の充実しているマリオットボンヴォイアメックスの入会キャンペーンの獲得方法について解説してい...

入会キャンペーンで獲得できる39,000ポイントで宿泊できるホテルの例です。

ACホテル東京銀座のプライムキング
軽井沢マリオットホテルの温泉付きプレミアルーム
軽井沢マリオットホテルの室内温泉ビューバス
ウェスティンホテル仙台のプレミアルーム

ここでは国内ホテルの宿泊例を掲載していますが、海外のホテルもポイントを使って無料で宿泊することができます。

ラグジュアリーランクのホテルも宿泊可能

Seki
入会キャンペーンのポイントで、ラグジュアリーランクのホテルに無料宿泊もできてしまいます。

W大阪は、ラグジュアリーランクのホテルですが最低宿泊ポイントが40,000ポイント〜となっている為、入会キャンペーンで獲得したポイントで無料宿泊ができてしまいます。

宿泊料金も1泊50,000円以上しますので、年会費分をたった1泊で回収してしまっていることになります。

W大阪のスペクタキュラールーム

JWマリオットホテル奈良も、ラグジュアリーカテゴリーながら40,000ポイント台で宿泊できる日が多く設定されています。

宿泊料金も50,000円前後の設定となっていますので、こちらも1泊で年会費分を回収できてしまいます。

JWマリオットホテル奈良のロビーラウンジ

ラグジュアリーカテゴリーのホテルは、リッツカールトンと同位のランクに位置しており、マリオットホテルやウェスティンホテルよりも格上のホテルになります。

そういったホテルにカードを作ってすぐに無料宿泊できるのは、体験価値として非常に満足度の高いものがあるのではないかと思います。

マリオットボンヴォイアメックスプレミアムの年会費・家族カード・還元率

マリオットボンヴォイアメックスプレミアムの年会費やポイント還元などの基本情報は以下の通りです。

ホテルサービスに特化したクレジットカードですので、マリオットボンヴォイで使っていただくと還元率は2倍の6%になります。

↓スマホは横スクロール可

スクロールできます
サービス項目内容
年会費(税込)49,500円
家族カード年会費(税込)1枚無料
2枚目以降は24,750円
貯まるポイントマリオットボンヴォイポイント
基本還元率100円=3ポイント(3%)
ホテル利用時の還元率100円=6ポイント(6%)
ポイント有効期限2年(ポイント増加減があった日から算出なので実質無期限)

↑スマホは横スクロール可

マリオットボンヴォイアメックスプレミアムの空港ラウンジ・旅行の特典

空港や海外旅行の支援サービスなどを解説します。

スクロールできます
サービス項目サービス有無
国内空港カードラウンジ同伴者1名無料
プライオリティパスなし
エアポート送迎サービスあり
空港パーキング優待あり
空港クロークサービスあり(中部)
手荷物無料宅配サービスあり(羽田・成田・関空・中部)
大型手荷物宅配優待特典あり(羽田・成田・関空・中部)
海外での日本語サポートオーバーシーズ・アシスト

国内の空港ラウンジは同伴者1名無料

国内28空港とハワイのダニエル・K・イノウエ空港を合わせた29空港では、ラウンジを無料で利用することができます。

同伴者1名まで無料で利用することができます。

また、家族カードでも空港ラウンジを利用することができますので、夫婦でカードを持っていれば4名まで利用することができます。

利用可能な対象空港は以下の通りとなっています。

↓スマホは横スクロール可

スクロールできます
空港ラウンジ名
新千歳空港スーパーラウンジ
函館空港ビジネスラウンジ A Spring.
青森空港エアポートラウンジ
秋田空港ラウンジロイヤルスカイ
仙台空港ビジネスラウンジ EAST SIDE
成田国際空港 第1ターミナルIASS EXECUTIVE LOUNGE1
成田国際空港 第2ターミナルIASS EXECUTIVE LOUNGE2
羽田空港 第1ターミナルPOWER LOUNGE CENTRAL
POWER LOUNGE SOUTH
POWER LOUNGE NORTH
羽田空港 第2ターミナルエアポートラウンジ(南)
POWER LOUNGE CENTRAL
POWER LOUNGE NORTH
羽田空港 第3ターミナルSKY LOUNGE
中部国際空港プレミアムラウンジ セントレア
新潟空港エアリウムラウンジ
富山空港ラウンジ らいちょう
小松空港スカイラウンジ白山
大阪国際空港(伊丹空港)ラウンジオーサカ
関西国際空港カードメンバーズラウンジ
「六甲」
「アネックス六甲」
「金剛」
神戸空港ラウンジ神戸
岡山空港ラウンジ マスカット
広島空港ビジネスラウンジ もみじ
米子鬼太郎空港ラウンジ DAISEN
山口宇部空港ラウンジきらら
高松空港ラウンジ讃岐
松山空港ビジネスラウンジ
徳島空港エアポートラウンジ ヴォルティス
福岡空港ラウンジTIME/ノース
ラウンジTIME/サウス
ラウンジTIMEインターナショナル
北九州空港ラウンジひまわり
長崎空港ビジネスラウンジ アザレア
大分空港ラウンジ くにさき
阿蘇くまもと空港ラウンジ ASO
鹿児島空港スカイラウンジ菜の花
那覇空港ラウンジ華hana〜〜
ダニエル・K・イノウエ国際空港(ハワイ)ISSA HAWAII LOUNGE

↑スマホは横スクロール可

エアポート送迎サービス

エアポート送迎サービスは、海外旅行の出発・帰国の際に提携のタクシー会社(MKタクシー)をチャーターすることができます。

MKタクシーの対応エリア内と空港との間を定額で利用することができます。

料金体系は、高速料金や深夜料金を含んだ料金となっていますので、金額がわからなくて心配ということにはなりません。

空港クロークサービス

空港クロークサービスは、空港で手荷物を預かってもらえます。

カード会員1人につき二個まで無料利用することができ、家族カードも持っていれば4個まで預けることができます。

利用は、空港にいる当日のみとなっています。

日を跨いでの利用は不可となっていますので注意ください。

乗り継ぎ待ちや食事・買い物をする時の待ち時間に利用するサービスと思えば良いかと思います。

空港クロークサービスが使える空港
・中部国際空港
・関西国際空港

手荷物無料宅配サービス

手荷物無料宅配サービスは、海外旅行から帰国した際に空港から自宅までスーツケース1個を無料で配送することができるサービスになります。

マリオットボンヴォイアメックスプレミアムの場合、家族カードも1個無料宅配を使えます。

帰国時の疲れている時に、夫婦で2個まで無料でスーツケースを送ることができますので、とても使いやすいサービスではないかと思います。

手荷物無料宅配サービスが使える空港
・羽田空港
・成田国際空港
・中部国際空港
・関西国際空港

大型手荷物宅配優待特典

JAL ABCの大型手荷物宅配を利用する際、通常価格よりも1,000円の割引を受けることができます。

優待を受けられるは帰国時になります。

楽器、サーフボード、ゴルフバックなど大きな荷物を送る際に便利なサービスです。

大型手荷物宅配優待特典が使える空港
・成田国際空港
・中部国際空港

「オーバーシーズ・アシスト」海外旅行時の無料電話サポート

オーバーシーズ・アシストは、海外旅行時の緊急電話サポートを受けられるサービスになります。

世界ほとんどの国から、通話料無料、もしくはコレクトコールで365日24時間サポートを受けることができます。

利用は、本人だけでなく同行する家族であっても適用できますので、海外で困った時の心強い味方になってくれます。

サポートを受けられる例を以下にご紹介します。

オーバーシーズ・アシスト利用例
・レストランの予約
・航空券・ホテルなどの手配
・ミュージカルのチケットの手配
・パスポート・所持品の紛失や盗難時のサポート
・電話を使った簡単な通訳サービス
・病院・弁護士などの紹介
・海外旅行保険の請求サポート
など

マリオットボンヴォイアメックスプレミアムの海外旅行保険・プロテクション

ここからは、旅行保険、プロテクション関連を解説していきます。

旅行保険はアメックスは基本利用付帯になっているので、そこはちょっと痛いところでしょうか。

海外旅行保険

海外旅行保険の補償は利用付帯となっていますので、飛行機代やツアー代などの旅行代金の支払いをしている必要があります。

補償額については以下の通りです。

↓スマホは横スクロール可

スクロールできます
補償項目カード会員会員の家族家族カード会員
傷害死亡・後遺障害最高1億円最高1000万円最高5000万円
傷害治療費用最高300万円最高200万円最高300万円
疾病治療費用最高300万円最高200万円最高300万円
賠償責任最高4000万円最高4000万円最高4000万円
携行品損害(※1)1旅行最高50万円1旅行最高50万円1旅行最高50万円
救援者費用(※2)最高400万円最高300万円最高400万円

↑スマホは横スクロール可

※1:免責3,000円、年間限度100万円
※2:保険期間中

国内旅行保険

国内旅行保険は、傷害死亡・後遺障害が起こった場合のみ補償を受けられます。

適用条件は、利用付帯となっています。

補償項目保険金額
傷害死亡・後遺障害最高5,000万円
傷害入院(最高180日)なし
手術/1回なし
傷害通院(最高90日)なし

海外航空機遅延費用保険

搭乗する予定の航空機の遅延、欠航などが発生した際に、食事代やホテル代が補償される航空機遅延費用保険ですが、こちらも利用付帯となっています。

補償額は以下の通りです。

補償内容限度額
乗継遅延・出航遅延・欠航
搭乗不能・受託手荷物遅延費用
2万円
受託手荷物紛失費用4万円

プロテクション

カードの不正利用や、購入品の破損・紛失をした時など、さまざまな補償が用意されています。

以下、補償サービスの一覧と詳細になります。

サービス項目サービス有無
オンライン・プロテクションあり
ショッピング・プロテクションあり
キャンセル・プロテクションあり
リターン・プロテクションあり
スマートフォン・プロテクションあり
カード紛失、盗難時の緊急発行あり

オンライン・プロテクション

オンライン・プロテクションは、インターネットで不正利用された時の損害を補償してくれるものになります。

万一、不正利用をされたとしても全額補償されますので、安心して利用することができます。

カード番号の変更、再発行などもスピーディーに対応してもらえます。

ショッピング・プロテクション

マリオットボンヴォイアメックスプレミアムで購入した商品が破損、紛失や盗難などの損害受けた場合、購入日から90日間まで年に最大500万円の補償を受けることができます。

プレゼントとして購入した商品が、もらった先の人が事故にあっても補償される点に特徴があります。

補償を受けるには、自己負担で1万円/件かかりますので、1万円以下の商品には適用することができません。

アメックスのショッピング・プロテクションの特徴は、スマートフォンやパソコンであっても補償される点に他社のショッピング保険よりも優位性があります。

キャンセル・プロテクション

急な病気、出張などで海外旅行に行けなくなった時に適用できる保険です。

キャンセルした旅行の代金、コンサートやスポーツ観戦のチケットの購入費用などの損害が補償されます。

利用金額は年間10万円までとなります。

リターン・プロテクション

リターン・プロテクションは、購入した商品の返品を購入店が受け付けてくれない時に、購入金額を補償してくれるサービスになります。

購入から90日以内、1商品につき3万円までの補償となっています。(年間15万円まで)

利用例としては、ネットで購入した洋服のサイズが合わなかった時や、インテリア雑貨が部屋に合わなかった時など、ある意味自己責任なのでは?と思うような内容ですが、アメックスに商品を返品することでしっかり補償を受けることができます。

スマートフォンプロテクション

購入2年以内のスマートフォンが、破損・火災・水濡れ・盗難の損害にあった場合、修理代金を年3万円まで受け取れ取ることができます。

対象のスマートフォンは、カード会員本人の端末のみとなり、家族のスマホは対象外になります。

補償を受ける条件は、通信量を3ヶ月以上マリオットボンヴォイアメックスプレミアムで支払いをしている場合に適用することができます。

タブレットやスマートウォッチは対象外になります。

マリオットボンヴォイアメックスプレミアムのPay対応・電子マネー

マリオットボンヴォイアメックスプレミアムはApple Payに対応しています。

支払った分はポイント還元の対象となります。(Suicaはポイント対象外)

最近、普及が急速に進んでいるタッチ決済にも対応していますので、バーコード決済よりも簡単に支払いをすることができます。

利用可能なPayサービス

主なPayサービスへの対応状況は以下の通りです。

Payサービス利用可否ポイント獲得
au Pay1.5%
d払い1.5%
楽天ペイなし
Google Pay不可
メルペイ不可
PayPay不可
LINE Pay不可
ファミペイ不可

電子マネーチャージへの対応

電子マネーへのチャージ対応は以下の通りです。

チャージができないものもありますので、日常的に使われているサービスがある場合はご注意ください。

電子マネーチャージポイント獲得
モバイルSuicaなし
モバイルPASMOなし
SMART ICOCAなし
楽天Edyなし
PASMO不可
WAON不可
nanaco不可

マリオットボンヴォイの充実特典(ホテル・無料宿泊・マイル)

メズム東京Chapter2のバルコニー

ここからは、マリオットボンヴォイアメックスの真髄とも言える、ホテルの特典やマイルへの交換について解説していきます。

Seki
ちゃんと理解して使えば、年会費の何倍もの価値を生み出せますので、よくお読みいただけると嬉しいです。

マリオットボンヴォイアメックスプレミアムのホテル特典

琵琶湖マリオットホテルのプレミアルーム(琵琶湖ビュー)
Seki
マリオットボンヴォイのホテルに特化した特典を多く受け取ることができます。使えば使うほどお得度が増していきます。

↓スマホは横スクロール可

スクロールできます
サービス項目内容
ホテルステータスゴールドエリート
無料宿泊特典年150万円決済1泊分の無料宿泊特典獲得
50,000ポイントまで宿泊可
※15,000ポイントまで所有ポイントを追加して利用できる
カード利用でステータスランクアップ400万円決済でプラチナエリート
宿泊実績付与15泊分のエリートナイトクレジット
プロパティクレジット100USドル分付与
※リッツカールトン、セントレジスに2連拍以上した場合

↑スマホは横スクロール可

カードを持っているだけでマリオットボンヴォイのゴールドエリート会員付帯
年150万円の決済で1泊分の無料宿泊券獲得
年400万円の決済でマリオットボンヴォイのプラチナエリート会員獲得
カードを持っているだけで、15泊分の宿泊実績付与

カードに入会するかどうかの分岐点は、年150万円決済で得られる無料の宿泊券にあります。

この宿泊券は、ラグジュアリーカテゴリーのホテルにも宿泊することができますので、この1泊の宿泊券で年会費の元を十分に回収できる可能性があります。

その為、月12.5万円の生活費決済ができるかどうかがこのカードを持っても良いかの判断基準の最低ラインになります。

むしろ、それ以上使えるならお得度は増していきますので、ハードルはかなり低いものと思われます。

マリオットボンヴォイステータス別の特典一覧

リッツカールトン大阪のコーナーデラックスルーム

マリオットボンヴォイのステータス別のサービス比較になります。

ここでは、決済で得られるプラチナエリートまでのステータス紹介とさせていただきます。
※プラチナエリートの上のランクにチタンエリート、さらに上位にアンバサダーエリートがある

↓スマホは横スクロール可

スクロールできます
特典シルバーエリートゴールドエリートプラチナエリート
客室無料インターネット
モバイルチェックイン
完全予約保証
ポイントボーナス10%25%50%
レイトチェクアウト×14時まで16時まで
会員専用サポート××
ウェルカムギフト×○ポイント○朝食、アメニティ、ポイントから選択
客室アップグレード×○スイート含む
ラウンジアクセス××
客室タイプ保証××
年間チョイス特典(50泊特典)××

↑スマホは横スクロール可

Seki
プラチナエリートになると、特典が一気にパワーアップします。

・16時までのレイトチェックアウト
・無料の朝食
(一部対象外ホテルあり)
・部屋の無料アップグレード(スイート含む)
・クラブラウンジのアクセス
(一部対象外ホテルあり)
など

これらの特典としてはかなり強力なものとなっており、ホテルステイの満足度が大きく変わる内容となっています。

JWマリオットホテル奈良のラウンジのスパークリングワイン(飲み放題)

クラブラウンジへのアクセスは、アルコールの飲み放題を含む為、ホテルによっては食事を済ませることができてしまうこともあるので、ラウンジアクセスは人気のサービスになっています。

マリオットボンヴォイのポイント還元

マリオットボンヴォイの会員は、ホテルに宿泊した際に1USドルあたり10ポイントが貯まります。

他にも、ステータスボーナスやカード決済ボーナスなどもあり、ポイントの計算が複雑になっています。

マリオットボンヴォイのホテルに宿泊した時にもらえるポイント数
・1USドルあたり:10ポイント
・ステータスボーナス:2.5ポイント(ゴールドエリートの場合)
・カード決済100円あたり:6ポイント

合計:18.5ポイント(1USドル=100円の時)

為替のレートで差は出ますが、マリオットボンヴォイのホテルで使った場合は18%程度と非常に高いポイント還元を得ることができます。

10,000円のホテルに泊まったとしたら、1,800ポイント貯まるので、通常のポイント還元と比べると圧倒的に貯まることが想像できるかと思います。

マリオットボンヴォイのステータス別のポイント還元を下表にまとめてみました。

↓スマホは横スクロール可

スクロールできます
ステータスポイント還元率カード決済ポイント合計
一般会員1USドル=10ポイント100円=6ポイント16ポイント
シルバーエリート1USドル=11ポイント100円=6ポイント17ポイント
ゴールドエリート1USドル=12.5ポイント100円=6ポイント18.5ポイント
プラチナエリート1USドル=15ポイント100円=6ポイント21ポイント
※1USドル=100円で計算した場合

↑スマホは横スクロール可

マイルへの交換・還元率

シンガポール航空A380スイートクラス

マリオットボンヴォイのポイントは、航空会社のマイルへの交換もでき、交換先の多さや還元の良さからとても人気になっています。

Seki
JAL、ANA、ユナイテッド航空など還元率が高いので、航空会社のマイルへ交換する為のメインカードとして使われている方が多いのも特徴です。

↓スマホは横スクロール可

スクロールできます
サービス項目内容
マイル交換可能な航空会社40社
基本的なマイル交換レート3ポイント:1マイル(1%還元)
※ユナイテッド航空は3:1.1
ボーナスマイル60,000ポイント交換毎に+25%のボーナス
※マイル還元率最大1.25%(ユナイテッド航空50%ボーナスで1.50%)
※デルタ航空、アメリカン航空、アビアンカ航空、大韓航空は対象外
マイル移行手数料なし
交換上限240,000ポイント/日

↑スマホは横スクロール可

マリオットボンヴォイアメックスは、年会費49,500円で40社の航空会社のマイルに交換でき、33社で1.25%以上を出せる還元率(ユナイテッド航空は1.50%)は、年会費以上のハイパフォーマンスカードを言えます。

なぜなら、JALカードは還元率1%以上のカードはなくANAは1.3〜1.5%の還元率を出せるのはプレミアムカードのみとなっており、その年会費も77,000〜170,050円と高額になっているからです。

JALマイルの還元率でライバルになるのは「セゾンプラチナアメックス」です。

ホテルサービスよりもJALマイルを優先したい場合はセゾンの方が圧倒的にお得です。
※JALマイル還元率1.125〜1.45%
初年度年会費無料会社員でも発行可能です。

あわせて読みたい
【6月】セゾンプラチナビジネス入会キャンペーン!総額165万円相当の付帯特典が初年度無料で持てる セゾン・プラチナビジネスのカードの特徴から活用方法までを詳しくお伝えしていきます。 年会費は22,000円(初年度無料)ですが、年会費の何倍もの価値を出せるコスパに...

マイル交換可能な航空会社と交換レート

シンガポール航空スイートクラスの機内食

マイレージの交換可能な航空会社と交換レートの一覧になります。

↓スマホは横スクロール可

スクロールできます
航空会社(マイレージプログラム)交換レート(マリオットP:マイル)
ANAマイレージクラブ3:1
日本航空 JALマイレージバンク3:1
ユナイテッド航空マイレージプラス3:1.1
エーゲ航空 Miles+Bonus3:1
エアリンガスAerClub3:1
エアロメヒコ クラブ プレミエ3:1
エア・カナダ アエロプラン3:1
エアチャイナPhoenixMiles3:1
エールフランス/KLM フライング・ブルー3:1
ニュージーランド航空 Airpoints200:1
アラスカ航空 Mileage Plan3:1
アメリカン航空 AAdvantage3:1
アシアナ航空アシアナクラブ3:1
アビアンカ航空 LifeMiles3:1
ブリティッシュ・エアウェイズ Executive Club3:1
キャセイパシフィック航空アジア・マイル3:1
中国南方航空スカイパールクラブ3:1
コパ航空 ConnectMiles3:1
デルタスカイマイル3:1
エミレーツ・スカイワーズ3:1
Etihad Guest3:1
FRONTIER Miles3:1
海南航空 Fortune Wings Club3:1
ハワイアン航空 HawaiianMiles3:1
Iberia Plus3:1
InterMiles3:1
大韓航空スカイパス3:1
LATAM航空 LATAMPASS3:1
Multiplus Fidelidade LATAM Pass3:1
カンタス・フリークエントフライヤー3:1
カタール航空プリビレッジクラブ3:1
サウディア Alfursan3:1
シンガポール航空クリスフライヤー3:1
サウスウェスト航空 Rapid Rewards3:1
TAPポルトガル航空 Miles&Go3:1
タイ国際航空ロイヤルオーキッドプラス3:1
ターキッシュ エアラインズ Miles&Smiles3:1
ヴァージンアトランティック航空 Flying Club3:1
ヴァージンオーストラリア Velocity Frequent Flyer3:1
Vueling Club3:1

↑スマホは横スクロール可

ホテル宿泊をするとマイル還元最強カードになる

Seki
ホテル宿泊→マイル交換をすると、とんでもない還元率になりますのでご説明します。

ホテルに宿泊した場合、1USドル=100円で計算した場合のポイント還元率は18.5%(ゴールドエリートの場合)になることを、解説してきました。

マリオットボンヴォイポイントは、60,000ポイント交換単位で25%のボーナスマイルを獲得することができますので、マイルの交換還元率は3:1.25になります。

この時のマイル還元率は、18.5÷3×1.25=7.7%

ということで、ホテルに宿泊してマイルを貯めると、ゴールドエリート会員で約7.7%のマイル還元を得られるという強烈な結果になります。(為替レートによって還元率は異なる。)

現在円安なので、1USドル=130円で計算してみると、ホテル宿泊でのポイント還元率が約15.6%になりますので、マイル還元率としては6.5%になります。

これだけのマイル還元率の出せるクレジットカードは、他を見渡してもありません。

マリオットボンヴォイアメックスプレミアムが旅行系最強カードと言われる理由になります。

マリオットボンヴォイアメックスプレミアムのメリット

リッツカールトン日光の中禅寺湖ビュールーム
Seki
マリオットボンヴォイアメックスプレミアムのメリットを5つご紹介します。

↓スマホは横スクロール可

スクロールできます
項目メリット
家族カード1枚無料
無料宿泊券年150万円決済で1泊無料
※50,000ポイントまで宿泊可(15,000ポイントまで追加可)
ステータス年400万円決済でプラチナエリート付与
宿泊実績付与15泊分の実績付与
マイル還元1.0%(最大1.25%)
ホテル利用で得たポイント交換で7%前後のマイル還元

↑スマホは横スクロール可

もう少し詳しく見ていきます。

無料宿泊券のメリット

年150万円決済で得られる無料の宿泊券は、50,000ポイントの宿泊まで1泊無料で利用することができます。

手持ちのポイント15,000ポイントまで加算して、最大65,000ポイントまでのホテルで利用することができます。

この宿泊利用は、ラグジュアリーカテゴリーのホテルでも使えますので、1泊50,000円以上というホテルも多くあり、年会費を十分に回収することができます。

宿泊券の獲得は月12.5万円の利用で獲得できるので、日常生活の決済レベルで獲得が可能となっています。

この水準がクリアできるなら、持っていた方がお得と言えます。

プラチナエリートの資格付与

年400万円の決済で、マリオットボンヴォイのプラチナエリートの資格が得られます。

プラチナエリートは、通常年間50泊宿泊しないと得られませんが、1泊も泊まらなくてもカード決済で得られるのは、日常的にホテルを使わない場合にメリットがあります。

プラチナエリートは、先に解説した通り、

・16時までのレイトチェックアウト
・無料の朝食
(一部対象外ホテルあり)
・部屋の無料アップグレード(スイート含む)
・クラブラウンジのアクセス
(一部対象外ホテルあり)

などホテルステイの充実度が大きく向上するサービスが付帯しています。

ただし、月33万円の決済を必要としますので、無理に達成する必要はありません。

15泊分の宿泊実績付与

マリオットボンヴォイアメックスプレミアムは、カードを持っているだけで15泊分の宿泊実績が付与されます。

一見地味に見えるこのサービスですが、実はかなりインパクトのある特典となっています。

例えば、プラチナエリートを宿泊日数で獲得する場合、50泊の宿泊をする必要がありますが、この特典のおかげで15泊分の実績がつくので35泊すれば条件達成になります。

49,500円の年会費で15泊をしているのと同じ意味になるので、1泊3,300円でしている計算になります。(49,500円÷15泊=3,300円)

プラチナエリート獲得に50泊してなろうとした場合、

1泊10,000円のホテルで50泊した場合、50万円が必要になります。

15泊を49,500円で得ている場合、35泊で済むので必要なお金は35万円になります。
(カードの年会費と合わせて399,500円)

ということで、10万円安く済んでいて、さらに10泊分の時間も節約できていることになります。

宿泊日数でステータスを得る場合は、この15泊の実績付与はプラチナエリートの上のチタンエリートやアンバサダーエリートを目指す時にも魅力的な特典になります。

マイル還元率

マイル還元に関しては最強といっていいレベルの内容となっています。

49,500円の年会費で40社の航空会社に交換ができ、そのうち33社で1.25%以上の還元率を出せるのは、もはやライバルがいないレベルとなっています。

JALカードは1%以上の還元率を出せるカードはなくANAカードも77,000円以上の年会費のプレミアムカードでないと高い還元率は出せません
※JALマイルはセゾンプラチナビジネスアメックスが1.125%の還元率を出せます。(初年度無料)

また、ホテル宿泊では為替レートによって差はありますが、18%程度のマリオットボンヴォイポイントの還元があるのでマイル交換でも7%以上の還元率という規格外の数字を出すことができるのは、マリオットボンヴォイアメックスプレミアム唯一の内容となります。

マリオットアメックスボンヴォイプレミアムのデメリット

大阪マリオット都ホテルのエグゼクティブスイート
Seki
マリオットボンヴォイアメックスプレミアムも万能ではないので当然デメリットもあります。3つご紹介します。

↓スマホは横スクロール可

スクロールできます
項目デメリット
年会費49,500円と高額
年150万円以下の決済無料宿泊券が獲得できない
プライオリティパスなし

↑スマホは横スクロール可

年会費回収は無料宿泊券の獲得が肝

マリオットボンヴォイアメックスの最大のデメリットは49,500円という高額な年会費になります。

年会費無料や、ゴールドカードでも10,000円程度のクレジットカードが多い中、5万円近い年会費はかなり高級なクレジットカードと言えます。

49,500円の年会費を払う価値があるかどうかは、年150万円以上使って無料の宿泊券が得られるかどうかが判断ポイントになります。

150万円使えないなら、年会費分を回収することが難しいので選択肢から外してしまった方が良いです。

150万円を使えていれば、無料の宿泊券以外に45,000ポイント(150万円×3%)のポイントも得られているので、年会費に対して大きくプラスにすることができます。
(2泊無料でホテル宿泊すれば、10万円〜の価値は十分えられる可能性あります。)

プライオリティパスの付帯なし

このクラスのクレジットカードになると、海外の空港ラウンジが利用できるプライオリティパスが付帯されているクレジットカードが多いですが、残念ながらマリオットボンヴォイアメックスプレミアムには付帯されていません

ホテルサービス、ポイント還元、マイルへの交換など他にライバルのいないレベルのサービスが付帯されているので仕方ない部分はありますが、唯一残念な点と言えるかもしれません。

プライオリティパスが付帯されていれば、49,500円の年会費も安く感じられる内容となります。

まとめ:マリオットボンヴォイアメックスプレミアムの豪華特典とメリット・デメリット

Seki
最後にマリオットボンヴォイアメックスプレミアムの魅力をまとめていきたいと思います。

アメックスが発行しているプレミアムカードですのでステータスも高いですが、それ以上に特典が素晴らしい内容になっています。

マリオットボンヴォイアメックスプレミアムの主な特典
・マリオットボンヴォイのゴールドエリート付帯(400万円決済でプラチナエリート)
・年150万円決済で1泊分の無料宿泊券獲得
・マイル還元率1.25%(ホテル利用のポイント還元では7%前後の還元率)
・15泊分の宿泊実績付与
など

ほかを寄せ付けない、魅力的で強力な特典が多くあるクレジットカードですが、持つべきかの判断基準は年に150万円の決済ができるかがポイントとなります。

150万円の決済をすると50,000ポイントまで使える無料の宿泊特典がもらえ、この宿泊券で年会費以上の価値を得られる可能性は十分にあります。

月12.5万円の決済で条件クリアなので、旅行好きの多くの方は該当できるのではないかと思います。

マリオットボンヴォイアメックスプレミアムの入会キャンペーンは以下のようになっています。

カード券種マリオットボンヴォイアメックス
プレミアム
公式サイト39,000ポイント

以上、ご参考になれば嬉しいです。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次