MENU

ANAアメックスの入会特典とメリット!【2月45,500マイル】ポイントを使って無料でハワイに行ける!

ANAアメックスの入会キャンペーンを解説します。

年会費が7,700円(税込)という安価な年会費でANAマイルを効率よく貯められる便利なカードです。

ANAを利用する方、ANAマイルを貯めたい方にとってはとてもメリットのあるカードですが、せっかく作るなら少しでも得をしていただきたいと思っています。

特に、ポイントをマイルに交換しないで貯めておけば、実質ANAマイルの有効期限を無期限にすることができます。(ANAマイルの有効期限は3年)

ですので、現状で最良の申し込み方法をお伝えできればなと思います。

目次

ANAアメリカン・エキスプレス・カード新規入会のポイントサイト比較

まずは、定番のポイントサイトの状況から覗いてみます。

ポイントサイト名 付与ポイント 金額換算
ハピタス 掲載なし
モッピー 1,000pt 1,000円
ちょびリッチ 掲載なし
ECナビ 掲載なし

代表的な4サイトを比較してみましたが、モッピーのみ1,000円でした。

他、全サイトチェックしていますが、最高値は1,000円になっています。

ポイントサイト経由ですと、カード作成以内に3ヶ月以内で合計70万円以上利用で、+30,000マイル相当のアメックスポイントが獲得できるキャンペーンがあります。

ポイントサイト経由での獲得ポイントは30,000マイル+1,000円が得られるということです。

ANAアメリカン・エキスプレス・カードを公式サイトから申し込む

  • 入会で1,000マイル相当のポイントをゲット
  • 3ヶ月以内に15万円の利用で、2,000マイル相当をゲット
  • 3ヶ月以内に45万円の利用で、更に10,000マイル相当のポイントをゲット
  • 3ヶ月以内に70万円の利用で、更に10,000マイル相当のポイントをゲット
  • カード利用ポイントを7,000ポイントゲット
  • 期間内に70万円の利用で、最大30,000マイル相当のポイントを獲得することができます。

ANAアメリカン・エキスプレス・カードを紹介で申し込む

紹介で入会した場合の入会キャンペーンは以下の通りです。

  • 入会で1,000マイル相当のポイントをゲット
  • 3ヶ月以内に15万円の利用で、2,000マイル相当をゲット
  • 3ヶ月以内に45万円の利用で、更に10,000マイル相当のポイントをゲット
  • 3ヶ月以内に70万円の利用で、更に15,000マイル相当のポイントをゲット
  • カード利用ポイントを7,000ポイントゲット
  • 合計で35,000マイル相当のポイントを獲得することができます。

アメリカン・エキスプレスの紹介プログラムの規約変更に伴いを、ブログやSNSなどで宣伝することは禁止されています。
※宣伝することが禁止なだけで、紹介プログラムは今まで通り運用されています。

カードやご紹介に関してご質問などございましたら、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

マイ友プログラムを併用する

さらに、ANAカードをはじめて作る場合に限り、マイ友プログラム経由で入会をすると追加で500マイルが加算されます。

「ANAアメックス」もこの「マイ友プログラム」の対象になっていますので、このサイトから申し込むことで「ANAカード一般」の500マイルがプレゼントされます。

[ご注意]

「マイ友プログラム」にご登録してから「ANAアメックス」をお申し込みください。逆からお申し込みされるとボーナスマイルをもらうことができません。

①マイ友プログラムのページに移動

+500マイルのボーナスをもらうには、本サイトからマイ友プログラムに登録します。

移動をしたら、紺色色の「登録用ページ」をクリックする。

②紹介者の名前と紹介者の番号を入力

紹介者情報を入力する欄がありますので、下記の様にご入力ください。

紹介者氏名:セキ トモヤ

紹介者番号:00025507

ボーナスマイルを受け取るために、必ず紹介者情報(私)と申込者情報(あなた)をANAにお知らせする必要がありますのでご注意ください。

登録者情報の欄には、あなたの「氏名」と「生年月日」をご入力ください。

マイ友プログラムの登録情報は3ヶ月間有効になります。

その間にお申し込みください。
※入会者の情報は、こちらでは一切わかりませんのでご安心ください。

ANA主催のカード入会キャンペーンも併用可能

2024年2月1日〜2024年3月31日のお申し込み分まで、ANA主催のカード入会キャンペーンが開催されています。

お申し込み後、2024年4月30日までにカード発行された分までが対象です。

今回のキャンペーンは、すでにANAカードを持っている会員でも対象になりますので、カード入会でたくさんマイルを貯めるチャンスになります。

キャンペーンでマイルを獲得するには、キャンペーンの参加登録が必要になります。

公式記載の概要は以下の通りです。

・本キャンペーンは、新規入会されたカードのANAマイレージクラブお客様番号(10桁)または新規入会されたカードにマイル口座統合済みのカードのANAマイレージクラブお客様番号(10桁)での参加登録が必要です。

・【初めてANAマイレージクラブに入会されるお客様】 
新規入会されたANAカードに記載のANAマイレージクラブお客様番号(10桁)での参加登録が必要です 。

・【既にANAマイレージクラブにご入会済みのお客様】 
新規入会されたANAカードに記載のANAマイレージクラブお客様番号(10桁)は、現在お持ちの番号とは異なります。新規入会されたカードにマイル口座統合済みのお客様番号のいずれかで参加登録が必要です。
ご入会手続き時に「現在お持ちのANAマイレージクラブお客様番号」欄に、現在お持ちの番号(10桁)を必ずご入力ください。現在お持ちのマイル口座と、ANAカードのマイル口座を自動的に統合いたします。

キャンペーンで獲得できるマイルは、カードのランク、決済金額によって異なります。

対象期間中のご利用金額ANA一般カード/ワイドカード
10万円以上50万円未満1,000マイル
50万円以上100万円未満5,000マイル
100万円以上10,000マイル

カードの利用期間は、2024年2月1日〜2024年5月31日まで

この記事では、一般カードのキャンペーンをご紹介していますので、期間内に100万円以上の利用があれば10,000マイルを獲得できるということになります。

キャンペーンマイルの付与は、2024年9月末の予定となっています。

合計の獲得マイル数は?

現在の最大獲得マイル数は以下の通りとなります。

①紹介で入会:35,000マイル

②マイ友プログラム:500マイル

③ANA主催キャンペーン:10,000マイル

合計で45,500マイル獲得

ハワイへの特典航空券は35,000マイル〜乗ることができますので、ANAアメックスの入会キャンペーンで獲得したマイルでも、ハワイに行くことができます。

ANAアメックスカードの特徴

ANA系のクレジットカードですので、やはりマイルを貯める、旅行に関する部分での特典が多いです。

ですので、今回は数多くある特典のうち、マイルと旅行にポイントをしぼってANAアメックスカードのメリットをご紹介したいと思います。

年会費

年会費は7,000円+税です。

このランクのカードとしては、非常に安価でお得な内容となっています。

ポイント還元率

基本のポイント還元率は、100円(税込)につき1ポイントになりますので、還元率は1%です。

貯めたポイントは1,000ポイント単位で1,000ANAマイルに交換できますので、マイル還元率としても1%の還元率になります。

公共料金(電気、ガス、水道)、年金、税金、NHK受信料の支払いで利用した場合は200円ごとに1ポイントとなります。

これは、ゴールドでもプラチナでも同じ還元率なので、特にデメリットではありません。

マイルに交換する為の手数料

年会費が7,000円と安価な年会費ですが、ANAマイルへの移行手数料として、別途年間6,600円かかります。(マイルに移行しない限りかかりません)

この移行手数料は、ほかのANA一般カードでもかかりますので、アメックスだけ不利という訳ではありません。

ゴールドカードになるとこれらの手数料はかからないのですが、ANAアメックスゴールドは年会費31,000+税と高額になりますので、ANAアメックスブルーでは手数料を払っても半分以下の維持費で済むのがメリットになります。

また、ポイントを交換しないで貯めておけば、ANAマイルの有効期限を実質無期限にすることができます。(ANAマイルの有効期限は3年、メンバーシップリワード加入で無期限)

これは他のアメックス系以外のANAカードではできないので、優位点になります。

飛行機搭乗でANAマイルを貯めるのに有利

結論を言いますと、ANA航空券を購入するとマイル還元率2.5%、搭乗ボーナスマイルが区間基本マイル+10%付与されます。

通常のお買い物であれば、100円=1ポイントで、無制限でANAマイルへ交換が可能になっています。

ですが、ANAアメックスゴールドカードの威力が発揮されるのは、ANAの航空券や機内販売を購入した場合で、通常ポイントにプラスされて利用額200円につき1ポイントが加算されますので、ANA航空券等を購入した際にマイル付与率は1.5%になります。

更にANAカードマイルプラス特典で+1%のマイルも得ることができ、合計でマイル付与率は2.5%まで還元されるます。

航空券購入でマイルが2.5%還元されるのは、ANAアメックスの優位な部分になります。

また、ANAグループ便に搭乗した際のボーナスマイル(区間基本マイル+10%)がもらうことができますので、定期的に飛行機に乗られる方にとってとても強い味方になってくれることと思います。

外食でもマイルが貯まる

ANAのサービスでグルメマイルというものがあります。

提携店のお食事利用で、最大100円3マイルが貯まります。

>>グルメマイルのサイトを確認する<<

このサービスは、全国の対象のレストランで食事をして、お会計の時にマイル積算の申告をするだけでマイルが貯まります。

ご利用方法は下記の通りです。

貯めたマイルをANA SKYコインに交換すると便利に使える

ANAマイルで予約ができるものは、ANAグループ(国際線はスターアライアンスグループ便も利用可)の航空券だけになります。

ANAにはANA SKYコインというマイルとは別の電子マネーの様なシステムがあり、マイルをこのSKYコインに交換するとホテル宿泊も込みにしたパッケージツアーの代金の支払いに使うことができます。

SKYコインは、1コイン=1円の価値として、ANAの航空券の購入や、パックツアー等の購入代金に当てることができます。

このSKYコインをどこから持ってくるのかというと、ANAマイルからSKYコインに交換することが可能です。

ANAマイレージクラブの一般会員ですと、マイルからの交換レートが1.0〜1.2倍と単価がよくないのですが、ANAカードを所持していると1.5倍の量にしてSKYコインに交換することが可能です。

ANAアメックスは、ANAのゴールドカードに位置しますので、最大1.5倍での交換が可能になります。(ANAアメックスゴールドで最大1.6倍)

マイルだけだと使い道が限定されてしまい、もっと別な使い方もしたいって場合は、SKYコインに交換してツアーの購入等を検討するのもオススメです。

ちなみに、私も家族で旅行することが多いので、こういったANAのツアーをSKYコインで購入して無料で旅行することをしています。

ANAマイルを貯めて経験できたこと

ANAマイルを貯めたことによって、家族で新しい経験をすることができました。

マイルの使い方の例として、ご参考にしていただければと思います。

夏休みの家族旅行で台湾行きのツアーパッケージを購入しました。

支払いはもちろんSKYコインでしています。

あわせて読みたい
【台湾旅行2泊3日ブログ】ANAマイルだけでホテルも飛行機も全部無料!魅力的な旅費で行く方法 息子のはじめての海外旅行をどこにしようか悩んだ挙句、比較的安全な台湾の台北にすることにしました。 今回は、約40万円相当のANAツアーを完全無料で購入して旅行して...

ディズニーランドもオフィシャルホテル、パークのチケット込みでSKYコイン払いをすると無料で購入することが可能です。

あわせて読みたい
【東京ディズニーランド無料】チケット、ホテル、飛行機が全部タダでツアー行った旅行ブログ 連休になると、毎年1回は行きたくなるディズニーランドですが、今回は航空券、ホテル、パークのチケットをすべて無料にして遊んできました。 今回は家族3人(私、妻、息...

ハワイ路線のビジネスクラス搭乗記です。

あわせて読みたい
【A380フライングホヌ】ANAビジネスクラス搭乗記ブログ(ホノルル→成田)機内食、座席をレビュー ハワイからの帰国便にANA A380フライングホヌのビジネスクラスを利用してみたのでその時の様子をレビューしていきたいと思います。 ファーストクラスの記事で掲載してい...

ありがたいことに、ファーストクラスにも乗ることができました。

あわせて読みたい
フライングホヌ A380ファーストクラス搭乗記【ホノルル→成田】限定機内食に大感動! フライングホヌのファーストクラスを体験してきました。 この記事の信頼性 この記事の写真はテレビで紹介されています この記事の写真が、2022年1月16日にフジテレビで...

タイ航空のファーストクラスにANAマイルで予約をして搭乗した体験です。

古い機材でしたが、そんなことがまったく気にならないくらいの極上のサービスを体験することができました。

あわせて読みたい
タイ航空ファーストクラス搭乗記!ラウンジ、機内食、サービスは評判通り?【バンコク→羽田】 タイ航空のファーストクラスというと、機材にA380を使った超贅沢な空の旅が有名ですが、今回は旧型機B747のファーストクラスを体験してきましたのでレポートしていきま...

海外旅行の保険補償内容

海外旅行保険(利用付帯)

海外旅行に行く際は、必ずといっていいほど保険に加入されると思いますが、ANAアメックスの海外旅行には下記のような利用付帯保険が補償の内容となります。

補償内容 本会員 家族会員、会員の家族
傷害死亡・後遺障害 最高3,000万円 最高1,000万円
傷害治療費用 最高100万円 最高100万円
疾病治療費用 最高100万円 最高100万円
賠償責任 最高3,000万円 最高3,000万円
携行品損害(※1) 最高30万円/1旅行 最高30万円/1旅行
救援者費用(※2) 最高200万円 最高200万円

※1:免責3,000円、年間限度100万円まで

※2:保険期間中

補償の金額としては一般カードなので薄めなのは仕方がないかと思います。

国内空港ラウンジは同伴者1名まで無料で利用可

アメックスが提供する空港ラウンジ28空港39ヶ所が無料で利用することができます。

また嬉しいことに、同伴者も1名まで無料で利用することができます。

家族カードでも、同伴者1名が無料になりますので、夫婦で持てばお子さん2名が無料で入れますので家族4人で利用することが可能です。

対象の空港一覧は以下のようになっています。

空港ラウンジ名
新千歳空港スーパーラウンジ
函館空港ビジネスラウンジ A Spring.
青森空港エアポートラウンジ
秋田空港ラウンジロイヤルスカイ
仙台空港ビジネスラウンジ EAST SIDE
成田国際空港 第1ターミナルIASS EXECUTIVE LOUNGE1
成田国際空港 第2ターミナルIASS EXECUTIVE LOUNGE2
羽田空港 第1ターミナルPOWER LOUNGE CENTRAL
POWER LOUNGE SOUTH
POWER LOUNGE NORTH
羽田空港 第2ターミナルエアポートラウンジ(南)
POWER LOUNGE CENTRAL
POWER LOUNGE NORTH
羽田空港 第3ターミナルSKY LOUNGE
中部国際空港プレミアムラウンジ セントレア
新潟空港エアリウムラウンジ
富山空港ラウンジ らいちょう
小松空港スカイラウンジ白山
大阪国際空港(伊丹空港)ラウンジオーサカ
関西国際空港カードメンバーズラウンジ
「六甲」
「アネックス六甲」
「金剛」
神戸空港ラウンジ神戸
岡山空港ラウンジ マスカット
広島空港ビジネスラウンジ もみじ
米子鬼太郎空港ラウンジ DAISEN
山口宇部空港ラウンジきらら
高松空港ラウンジ讃岐
松山空港ビジネスラウンジ
徳島空港エアポートラウンジ ヴォルティス
福岡空港ラウンジTIME/ノース
ラウンジTIME/サウス
ラウンジTIMEインターナショナル
北九州空港ラウンジひまわり
長崎空港ビジネスラウンジ アザレア
大分空港ラウンジ くにさき
阿蘇くまもと空港ラウンジ ASO
鹿児島空港スカイラウンジ菜の花
那覇空港ラウンジ華hana〜〜
ダニエル・K・イノウエ国際空港(ハワイ)ISSA HAWAII LOUNGE

羽田空港のカードラウンジ(AIRPORT LOUNGE)に入ってみた

羽田空港の第二ターミナルには3つのカードラウンジがあります。

今回はそのひとつ、エアポートラウンジに行ってきました。

このラウンジは、保安検査場の外にあるので、待ち合わせなどの待ち時間に利用するのに最適です。(他のラウンジはすべて保安検査場の中にあります。)

ソフトドリンクが飲み放題で、新聞・雑誌も自由に読むことができます。

私が行ったのが土日だったせいか、ほぼ満席でしたが、人の入れ替えが早いのでスムーズに座ることができました。

プライオリティパスの設定は?

プライオリティーパスへの対応はありません。(ANAアメックスゴールドは有り)

海外で空港ラウンジがないと困るって方は、併用して楽天プレミアムカードを持つのが選択肢としては最良かと思います。

年会費10,000円+税でプライオリティーパスのプレステージ会員へ加入が可能になります($469相当が無料

楽天プレミアムカードはこちら

ただ、楽天プレミアムカードには、楽天市場で使うには優れたカードですが、マイルを貯める・使うという視点では弱いので、マイルを貯める前提で考えるならプライオリティーパス専用です。

海外旅行時の24時間無料電話サポート

海外旅行で緊急な事態になった際、病院の紹介など日本語の電話サポートがを24時間対応で受けることができます。

しかも、通話料は無料またはコレクトコールで連絡ができます。

そんな助かる「グローバル・ホットライン」ですが、こんな使い方も可能です。

  • 航空券、レストラン、ホテル、レンタカー、ゴルフ場などの案内、予約、キャンセル
  • ミュージカルやスポーツ観戦のチケット手配
  • パスポート・査証・予防接種
  • カード紛失、盗難、再発行の手続き
  • トラベラーズチェック紛失、盗難対応
  • パスポートや所持品の紛失、盗難対応
  • 簡単な通訳サービス
  • 緊急時の伝言サービス
  • 病院や弁護士の紹介
  • 海外旅行保険の請求
  • 日本大使館や領事館への問い合わせ、紹介

など

海外旅行は緊急な時ほどなにかと不安がつきまといますが、「グローバル・ホットライン」があると言葉に不安があっても安心して海外に渡航できます。

その他の主だったサービス

残りのサービスを一挙にご紹介します。

  • カード紛失・盗難時の緊急再発行
  • 手荷物無料宅配サービス
  • 空港クロークサービス
  • 空港パーキングの割引・優待特典
  • カーシェアリングサービス(発行手数料無料)
  • 国内レンタカー割引サービス
  • JR東海エクスプレス予約サービス
  • ショピング保険が付帯(国内外対応)
  • アメリカン・エキスプレス・コネクトで割引・優待サービス

まとめ:ANAアメックス入会特典

ANAマイルを貯めるには、ANA系のクレジットカードを1枚は所有することが必須でありますが、その中でもANAアメックス年会費が安価で、ポイント還元的な面を考慮しても非常に優秀なカードです。

アメックスの入会キャンペーンボーナスポイントに関しては下記の通りです。

  • 入会で1,000マイル相当のポイントをゲット
  • 3ヶ月以内に1万円の利用で1,000マイル相当のポイントをゲット
  • 3ヶ月以内に45万円の利用で、更に10,000マイル相当のポイントをゲット
  • 3ヶ月以内に70万円の利用で、更に15,000マイル相当のポイントをゲット
  • カード利用ポイントを7,000ポイントゲット
  • 合計で35,000マイル相当のポイントを獲得することができます。

現在、はANA主催のキャンペーンもあるので、最大獲得マイルは以下の通りです。

①紹介での入会:35,000マイル
②マイ友プログラム:500マイル
③ANA主催キャンペーン:10,000マイル

合計で45,500マイル獲得

マイ友プログラムご希望の場合はこちらからご利用ください。

紹介者氏名:セキ トモヤ

紹介者番号:00025507

【お問い合わせについて】

アメリカン・エキスプレスの紹介プログラムの規約変更に伴いを、ブログやSNSなどで宣伝することは禁止されています。
※宣伝することが禁止なだけで、紹介プログラムは今まで通り運用されています。

カードやご紹介に関してご質問などございましたら、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ANAアメックスは、ANAマイルに交換する時に、交換手数料として年間6,600円が別途かかります。

ポイントを交換しなければかかりませんが、毎年ポイント交換をする場合は年会費と合わせて(7,700円+6,600円=14,300円)になります。

カードランクを上げて、ANA JCBワイドゴールドにした場合、年会費15,400円で持つことができます。

当然ゴールドカードになりますので、付帯サービスも良くなります。

1,000円程度の差額なので、こちらも合わせてご検討いただけますと幸いです。

あわせて読みたい
ANA JCBワイドゴールドカードのメリット・デメリットを解説!一番バランスが良いANAカード(2月PR) ANA JCBワイドゴールドカードのメリット・デメリットからカードの特徴を解説していきます。 現在入会キャンペーンでは、最大77,000マイル(抽選込みで140,000マイル)獲...

最後まで閲覧いただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次