MENU

【7月最新】楽天プレミアムカードの入会キャンペーン!プライオリティパス無料がメリットの高還元カード

年会費無料のクレジットカードとして絶大な人気のある「楽天カード」ですが、その上位版として「楽天プレミアムカード」があり、楽天経済圏でポイントを貯めている方だけでなく、旅行者にも人気のカードとなっています。

特に11,000円の年会費で約65,000円のプライオリティパスが無料付帯している点が一番のメリットと言えます。

この記事では、楽天プレミアムカードの最新キャンペーン情報と、一般カードにはないプレミアムカードの魅力や特典をご紹介していきます。

ご入会を検討中でしたら、ご参考にしてもらえますと幸いです。

この記事の信頼性

Seki
『マイルの錬金術師』を運営してますSekiです。

私の経歴と実績を簡単にご紹介します。
沖縄に移住して8年。
毎朝ビーチに行ってゴロゴロするのが日課です。
2018年から陸マイラーブログを開始し「累計で貯めたマイル数は2,000万マイル以上」になりました。

コスパの良い旅行を追求して、なるべくお金を使わないでリッチな体験をすることが趣味です。
Instagram:フォロワー約11,000人(@mile.mugen001)
X(Twitter):フォロワー約11,000人(@seki1410
YouTube:マイルの錬金術師
目次

楽天プレミアムカードの入会キャンペーンは?

楽天プレミアムカードの現在のキャンペーンですが、最大5,000ポイント獲得することができます。

5,000ポイント獲得の内訳は下記の通りになります。

①新規入会特典で2,000ポイント獲得
②カード利用で3,000ポイント獲得

カード利用特典に関しては、特に利用金額の指定などはありません。

特に利用予定がない場合は、スーパーやコンビニでお菓子でも買えば良いかと思います。

利用期限は、カード申し込み日の翌月末までになります。

楽天プレミアムカードに関しては、主要なポイントサイトから大量ポイントバックの様な広告掲載はないので、公式サイトからのお申し込みがおすすめです。

↓楽天プレミアムカードを申し込む【PR】

楽天プレミアムカードの基本仕様

楽天プレミアムカードの基本的な仕様について解説していきます。

選べるカードブランド

カードブランドはJCB、VISA、Master、Amexの4つから選択することができます。

カードブランドによる年会費や特典の差はありませんので、お好みで作られて良いかと思います。

年会費

年会費は11,000年(税込)となっています。

家族カードは、1枚550円(税込)で発行が可能です。

ETCカード

楽天プレミアムカードの場合、通常550円かかるETCカードの年会費が永久無料になっています。

高速道路の利用でも還元率が変わらずポイントが貯まりますので、セットで作っておくと便利です。

ポイント還元率

楽天プレミアムカードのポイント還元率は100円で1楽天ポイントなので、通常の楽天カードと差異はありません。

ただし、楽天市場でお買い物をした場合は、一般カードと還元率が全然変わってきます。

楽天市場で楽天プレミアムカード使うとポイント3倍

楽天プレミアムカードを使って楽天市場でお買い物をした場合のポイント還元率が高くなるメリットがあります。

楽天市場の通常のポイント:1%
楽天プレミアムで決済:2%

と、楽天プレミアムカードで決済をするだけでポイント還元率は3%になります。

さらに、カードの引き落とし口座を「楽天銀行」にしておくと更に還元率は0.5%追加されます。

もちろん、スーパーDEALやお買い物マラソンなどポイント還元の高いお買い物で利用しても還元率は+5%になります。

スーパーDEALでは15〜50%ポイント還元などがありますので、中々バカにできません。

楽天Payを使うとポイント還元1.5倍

スマホアプリの「楽天Pay」に楽天プレミアムカードを登録して使うと、通常のクレジットカードポイントに加え、楽天Payで200円につき1ポイント獲得することができます。

計200円で3ポイント獲得することができるということです。

海外旅行保険が付帯

海外旅行保険は、自動付帯分と利用付帯分に分かれています。

昨今は、クレジットカードの海外旅行保険は利用付帯のものが多く、自動付帯で大半の補償を受けられるのはとても大きいです。

年会費10,000円クラスのクレジットカードとしては、中々な手厚さの保険内容だと思います。

補償内容補償金額
傷害死亡・後遺障害最高5,000万円
自動:4,000万円
利用:1,000万円
傷害治療費用自動:300万円
疾病治療費用自動:300万円
賠償責任自動:最大3,000万円
携行品損害1旅行50万円まで
自動:30万円
利用:20万円
(免責3,000円)
救援者費用自動:200万円

家族カードも同様の保障内容になっているのもメリットのひとつになります。

国内旅行保険も付帯

国内旅行保険も付帯されています。

楽天プレミアムカードの国内保険のメリットは自動付帯になっているところです。

多くのカードは、もっと年会費の高いカードであっても国内旅行保険は利用付帯になっているケースが多いです。

国内旅行保険も楽天プレミアムカードは自動付帯なのは、優位点です。

保障は、以下に参加中の事故によって被害に遭った場合に適用されます。
・公共交通乗用具(航空機、電車、バス、タクシー等)に搭乗中の事故
・宿泊施設での宿泊中の火災・爆発による事故
・宿泊を伴う募集型企画旅行(パッケージツアー)※ツアーバス等での車中泊は除く

補償内容金額
死亡・後遺障害最高5000万円
入院日額5,000円
手術2.5万円もしくは5万円
通院日額3,000円

入院、手術、通院も対象になっているのは、もっと上位のカードでも、年会費10万円を超えるカードでないと適用されないことが多いので、かなり驚異的な保障内容だと言えます。

ショッピング保険

ショッピング保険は最高300万円までが補償されます。

カードで購入した商品の損害は、購入日から90日まで

1回あたりの自己負担金は3,000円となっています。

1万円未満の商品に関しては補償の対象外となります。

また、自動車、自動二輪車、動物、植物、切手、乗車券類、チケット、食料品、携帯式電子機器などは保険の対象にならない商品もありますのでご注意ください。

楽天プレミアムカードの選べるサービス

楽天プレミアムカードには、ライフスタイルに合わせて選べる3つのコースがあります。

各コースとポイントの加算は以下の通りです。

  • 楽天市場コース
    毎週火曜日・木曜日に楽天市場で買い物をするとポイントが +1倍加算
  • トラベルコース
    楽天トラベルでオンラインカード決済するとポイントが +1倍加算
  • エンタメコース
    楽天ブックス・楽天TVでカード決済するとポイントが +1倍加算

基本的には、楽天市場コースを選んで、火曜・木曜に使っていただくと楽天プレミアムカード決済の5%に+1%されて6%の還元率になるので、これが一番使いやすいと思います。

楽天プレミアムカードはプライオリティパスが無料付帯

楽天プレミアムカードの最大のメリットは、世界の空港にある1,300カ所以上の空港ラウンジが利用できるプライオリティパスを無料で持つことできるところにあります。

プライオリティパスには3つの会員ランクがありますが、その中で最も高いプレステージ会員のプライオリティパスが無料で手に入ります。

プレステージ会員の年会費は、下図にあるように$469ですので日本円にして約65,000円します。

しかし、楽天プレミアムカード(年会費11,000円)を持つと、このプレステージ会員のプライオリティパスを持てますのでコストパフォーマンスが非常に高いと言えます。
※プライオリティパスだけの為だけにカードを作る方がおられるくらいコスパ良いです。

プライオリティパスのプレステージ会員が付帯されてくるクレジットカードは、通常年会費50,000円以上のクレジットカードのみですので、楽天プレミアムカードの優位点と言えると思います。

ただし、2025年1月1日より無料で使える年間の利用回数が5回までに制限されますのでご注意ください。

関空の「ぼてぢゅう」で無料飲食してみた

プライオリティパスで利用できるラウンジは、ドリンク(アルコール含む)、食事はもちろんのこと、シャワールームがあったりと航空会社の上級会員用ラウンジと遜色のないレベルのラウンジが多く存在します。

ラウンジサービスではなく、レストランで利用できるところもあります。

国内では、関西空港の「ぼてぢゅう」、中部国際空港の「グリルレストラン、温泉施設」が利用できます。

レストラン利用では、3,400円分まで無料で飲食をすることができます。

下記は、関空のぼてぢゅうでいただいたお好み焼きと串揚げです。

海外の空港ラウンジは食事が豪華

海外のラウンジは食事のメニューが充実しており、レストランに入る必要がないほどの満足感があります。

例として、台湾の桃園国際空港の「PLAZA PREMIUM LOUNGE」をご紹介します。

エントランスからして高級感があります。

ビュッフェありの、アルコールも飲み放題です。

ヌードルバーもあって、これは普通に嬉しいです。

お腹いっぱい食べられて、お酒も飲めて搭乗までゆっくりできるのは最高です。

もちろんLCCを利用している時でもプライオリティパスがあればラウンジアクセス可能です。

↓楽天プレミアムカードを申し込む【PR】

楽天プレミアムカードそのほかの空港ラウンジサービス

楽天プレミアムカードは、プライオリティパス以外にも空港ラウンジサービスがあります。

国内空港のカードラウンジが利用可能

国内32空港とハワイ・ダニエル・イノウエ空港などのカードラウンジを利用することができます。

飲み物もソフトドリンクが飲み放題、アルコールは有料となっています。

電源もあるし、WiFiもありますので、空港での飛行機の待ち時間はラウンジを使える使えないかは快適度に差がでます。

利用できるラウンジは以下の通りです。
↓スマホは横スクロールできます。

スクロールできます
空港ラウンジ名
新千歳空港スーパーラウンジ
旭川空港ラウンジ大雪
函館空港ビジネスラウンジ A Spring.
青森空港エアポートラウンジ
秋田空港ラウンジロイヤルスカイ
仙台空港ビジネスラウンジ EAST SIDE
成田国際空港 第1ターミナルIASS EXECUTIVE LOUNGE1
成田国際空港 第2ターミナルIASS EXECUTIVE LOUNGE2
羽田空港 第1ターミナルPOWER LOUNGE CENTRAL
POWER LOUNGE SOUTH
POWER LOUNGE NORTH
羽田空港 第2ターミナルエアポートラウンジ(南)
POWER LOUNGE CENTRAL
POWER LOUNGE NORTH
羽田空港 第3ターミナルSKY LOUNGE
富士山静岡空港YOUR LOUNGE
中部国際空港プレミアムラウンジ セントレア
新潟空港エアリウムラウンジ
富山空港ラウンジ らいちょう
小松空港スカイラウンジ白山
大阪国際空港(伊丹空港)ラウンジオーサカ
関西国際空港カードメンバーズラウンジ
「六甲」
「アネックス六甲」
「金剛」
神戸空港ラウンジ神戸
岡山空港ラウンジ マスカット
広島空港ビジネスラウンジ もみじ
米子鬼太郎空港ラウンジ DAISEN
山口宇部空港ラウンジきらら
出雲縁結び空港エアポートラウンジ
高松空港ラウンジ讃岐
松山空港ビジネスラウンジ
徳島空港エアポートラウンジ ヴォルティス
福岡空港ラウンジTIME/ノース
ラウンジTIME/サウス
ラウンジTIMEインターナショナル
北九州空港ラウンジひまわり
長崎空港ビジネスラウンジ アザレア
大分空港ラウンジ くにさき
佐賀空港Premium Loungeさがのがら。
阿蘇くまもと空港ラウンジ ASO
宮崎空港ブーゲンラウンジひなた
鹿児島空港スカイラウンジ菜の花
那覇空港ラウンジ華hana〜〜
ダニエル・K・イノウエ国際空港(ハワイ)ISSA HAWAII LOUNGE

ハワイ ワイキキにある楽天ラウンジを無料で利用可能

ワイキキはちょっと休憩やお茶にカフェに入るだけで、中々なお値段がしますので、市内にこういった無料で利用できるラウンジがあるのはハワイ好きには嬉しい特典ではないでしょうか。

しかも、本会員以外に同伴者5名も入れるという特大サービスです。

ハワイの楽天ラウンジは、ワイキキで2つのラウンジが用意されています。

場所は以下の通りです。

・インターナショナルマーケットプレイス1階
・アラモアナセンター エヴァウィング 3階

↓楽天プレミアムカードを申し込む

楽天ポイントが使える店舗

楽天ポイントの加盟店舗数は、2022年の時点で約500万箇所以上と言われています。

楽天市場だけでなく、身近にあるお店でもかなり普及が進んで使いやすくなっています。

現在の加盟店は下記のリンクよりご確認ください。

店舗一覧

貯めた楽天ポイントをANAマイル/JALマイルにも交換可能

楽天ポイントはANAマイル/JALマイルに交換することができます。

楽天スーパーポイント(100%)→ANAマイルまたはJALマイル(50%)

・2ポイント→1マイルの交換率で移行
・交換手数料無料
・ポイント移行の上限あり(1日:5,000ポイント、1ヶ月:20,000ポイント)
・マイル積算が確認されるまで約1週間
・キャンペーンポイントや提携先から交換したポイントはマイルに交換できない。

楽天プレミアムカードの楽天Edy機能

最初から楽天Edyが300円分チャージされている

楽天プレミアムカードに加入すると、最初から300円分の電子マネーである楽天Edyがチャージされています。

楽天Edyのオートチャージ機能

楽天プレミアムカードは、楽天Edyへのオートチャージ機能もあります。

オートチャージを利用した場合の還元率は200円=1ポイントで0.5%になります。

楽天Edyの対象店

楽天Edyの加盟店舗数は120万店舗(2023年3月時点)を超えていて、これはiDについで2位となっています。

上記の様にオートチャージと合わせて街でのお買い物で楽天Edyを使っていると、コンビニや飲食店でもポイントが貯まっていきます。

楽天Edyの使えるお店一覧

楽天プレミアムカードのメリット

楽天プレミアムカードのメリットをここでは4つご紹介します。

①楽天市場のポイント還元率が高い
②プライオリティパスが無料付帯
③ハワイの楽天ラウンジが使える
④旅行保険のほとんどが自動付帯

①楽天市場のポイント還元率が高い

楽天プレミアムカードは、楽天市場でお買い物をした時のポイント還元率が3%になります。
(通常ポイント1%、楽天カード特典4%)
※選べるサービス、楽天銀行引き落としの設定で各+0.5%(合計で6.5%)

楽天でポイ活をされていたり、楽天利用の多い方にとってこのポイント還元は見逃せるものではありません。

Amazonと並んで売っていないものを探す方が大変な楽天ですので、使い勝手は抜群です。

SPU(スーパーポイントアッププログラム)を使えば最大16.5%までポイント還元を取ることができます。
(現実的に10%くらい?)

②プライオリティパスが無料付帯

楽天プレミアムカードの一番の目玉は、プライオリティパスが無料であることと思います。

プライオリティパスのプレステージ会員は$469なので約65,000円ほどします。

それが、年会費11,000円のクレジットカードで持てる訳ですから、コスパは最強です。

※2025年1月1日から年間の無料で利用できる回数が5回になります。(現在は無制限で利用可能)

③ハワイの楽天ラウンジが使える

ワイキキにある2つの楽天ラウンジを同伴者5名まで無料で利用することができます。

ハワイ旅行中、エアコンの効いたラウンジで冷たい飲み物を無料でいただけるのは、旅行中とても助かると思います。

ハワイは暑いですし、カフェに入っても飲み物も高額ですので。

④旅行保険のほとんどが自動付帯

海外旅行保険、国内旅行保険が自動付帯でほとんどの補償を受けられる点もメリットです。

最近は、旅行保険が自動付帯のクレジットカード少なくなっており、10万円の年会費を超えるものですら自動付帯をやめているものがあります。

そんな中、楽天プレミアムカードは、ほとんどが自動付帯ですので、目に見えにくいサービスですが、いざという時に役に立ちますのでメリットと言えます。

楽天プレミアムカードのデメリット

デメリットは3つご紹介します。

①楽天のルール変更が多い
②税金、公共料金の支払いでポイント還元が悪い
③プライオリティパスは本会員のみ

①楽天のルール変更が多い

楽天は、上記で触れたSPUをはじめ、ルール変更がとても多いです。

基本は改悪しており、改善、改良したという内容はほとんどありません。

これまで、楽天プレミアムカードで大きな改悪情報はありませんが、楽天の経営状況次第でメスが入ることもあるかもしれないので、その点は注意しておいた方が良いです。

プライオリティパスがなくなるとかは早々に無いと思いますが、旅行保険が利用付帯化するなどは十分にあり得ると思います。

②税金、公共料金の支払いでポイント還元率が悪い

楽天プレミアムカードで税金や公共料金の支払いをした場合、500円=1ポイントと還元率0.2%になります。

この還元率は、ほかのカードと比べても最悪レベルです。

対象の料金は下記の通りです。

スクロールできます
各種料金支払料金
公共料金電気、ガス、水道
通信・受信・購読料携帯電話・PHS、IP/固定電話、NHK受信料、BS、CSの視聴料、プロバイダ、新聞
各種税金都市・地方公共団体の税金、ふるさと納税、自動車税
その他国民年金保険、保険

③プライオリティパスは本会員のみ

楽天プレミアムカードで作成できるプライオリティパスは、本会員のみの特典となります。

家族カードでは発行することができない為、夫婦で使いたい場合はそれぞれが楽天プレミアムカードを発行しなければなりません。

楽天プレミアムカードの代替えカードある?

プライオリティパスが格安で持てることがメリットの楽天プレミアムカードですが、同じようにコスパの良いカードをご紹介すると、セゾンのプラチナカードが同様にお得です。
↓スマホは横スクロールできます

スクロールできます
カード名年会費(税込)プライオリティパスマイル還元
楽天プレミアムカード11,000円あり楽天ポイント交換
ANA/JAL:0.5%
セゾンプラチナビジネスアメックス初年度無料
22,000円
ありJAL:1.125〜1.375%
セゾンプラチナアメックス22,000円ありJAL:1.125〜1.375%

楽天ポイントを貯めてない場合は、「セゾンプラチナビジネスアメックス」はかなりお得と思います。

ちなみに、楽天プレミアムカードは税金・公共料金の支払いで還元率0.2%と解説しましたが、セゾンアメックスは税金・公共料金の支払いでポイント還元は減らないので、その点もメリットです。

まとめ:楽天プレミアムカードの入会キャンペーン

楽天プレミアムカードの入会キャンペーンから、カードの仕様まで解説してきました。

現在の入会キャンペーンは5,000楽天ポイント獲得となっています。

①新規入会特典で2,000ポイント獲得
②カード利用で3,000ポイント獲得

楽天プレミアムカードは年会費11,000円で、世界1,200カ所の空港ラウンジが使えるプライオリティパス(年会費は約60,000円相当)が無料で持つことができるのが最大の魅力になります。

年に1回以上は海外旅行をするなら持っていて損はないかと思います。

また、楽天市場でお買い物をした場合のポイント還元率が5%になるという高還元カードでもあります。

以上、ご検討いただけますと幸いです。

↓楽天プレミアムカードを申し込む【PR】

最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次