MENU

アフィリエイトに効果抜群なセールスライティングたった2つの手法

セールスライティングってなに?
アフィリエイトとどんな関係があるの?
なんか難しそうだけど、私にもできるのかな?
すぐに使える方法とかあれば知りたい

この記事では、セールスライティングに関してお答えしていきます。

この記事でわかること

・セールスライティングとはなにか?
・セールスライティングがアフィリエイト収入増加に必要な理由
・悪用厳禁の超効果的な手法2つ
・セールスライティングを身につけていく方法

先に結論を申しておきますが、セールスライティングを身につけることができれば、「文章でメシを食っていく」ことができるようになります。

あなたから、商品を購入するのが人間である限り、絶対的な不変の法則となります。

この記事の信頼性

Seki
『マイルの錬金術師』を運営してますSekiです。

私の経歴と実績を簡単にご紹介します。
沖縄に移住して8年。
毎朝ビーチに行ってゴロゴロするのが日課です。
2018年から陸マイラーブログを開始し「累計で貯めたマイル数は1,700万マイル以上」になりました。

コスパの良い旅行を追求して、なるべくお金を使わないでリッチな体験をすることが趣味です。
Instagram:フォロワー約11,000人(@mile.mugen001)
Twitter:フォロワー約11,000人(@seki1410
あと、YouTubeはじめました!

効果的なセールスライティングを使った結果、こんなことが現実に起こっています。

セールスライティングを身につければ、あなたの売り上げが爆裂的に上がります。

しかも、不変の法則なので、一生食いっぱぐれのないスキルになり得るのです。

そんな悪魔的な手法ですので、続きを読み進めてもらえますと幸いです。

目次

セールスライティングとは?

最初に、セールスライティングとはなんなのかを解説しておきます。

そのまんまの意味ですが、文章で商品を売る為の技術のことを言います。

営業マンが商品を売る為に使う技術は、セールストークです。

これは、言葉(話)で商品を売る技術です。

セールストークの文章版とすれば理解しやすいでしょうか。

セールスライティングとコピーライティングの違い

ブログやネットマーケティングに関わったことがあると、コピーライティングという言葉を聞いたことがあるかもしれません。

セールスライティングとコピーライティングってなにが違うのか?

についても簡単に触れておきたいと思います。

・セールスライティング→商品を売る為の技術
・コピーライティング→ブランドなどのイメージを伝える技術

両者はとても似ています。

元々は、コピーライティングしかなかったのですが、目的が異なる部分から差を設ける為にセールスライティングという言葉が生まれました。

なので、元は一緒なので技術的にも共通する部分はとても多いです。

セールスライティングを学ぶことはアフィリエイト収入増加に直結する

ブログでアフィリエイトをすることを考えている場合、セールスライティングを学ぶことは収入の増加に大きく関係があります。

ASPアフィリとGoogleアドセンス

ブログアフィリエイトの場合、収入源は大きく2つに分かれます。

・ASPの案件をアフィリエイト
・Googleアドセンスによるアフィリエイト

ほとんどのブロガーはこの2つのアフィリエイトを導入しています。

この2つのアフィリエイトの特徴は下表の通りです。

アフィリの種類報酬形態報酬発生の難易度報酬額収入を増やす方法
ASP購入、申込み高い高い成約率上昇
アドセンス広告クリック低い低いアクセス上昇

ASP型アフィリは収入の伸びが大きい

ASP型のアフィリエイトは、特定の商品やサービスを紹介し、利用者からお申し込みをいただければ報酬を受け取ることができます。

1件あたりの単価が高い商品がある為、高額なものが売れれば少ない制約数でも高い売り上げが立ちます。

単価設定は商品、サービスによって異なりますが、1件数百円から、1件数万円までその種類、ジャンルも様々です。

実際にどんな案件があるのかは、【アフィリエイトにおすすめなASP】に登録して観察してみてください。

登録はすべて無料です。

冒頭で紹介した下記のツイートのようなことも、単価が高額な案件が成約しているからこそ成り立つことなのです。

ただし、こうした売り上げを上げるには、セールスライティングのスキルは必須になります。

適当に書いて売れるほど、お客様は行動してくれません。

Googleアドセンスの収入目安

ASPアフィリエイトに対して、GoogleアドセンスはGoogleから表示された広告リンクをクリックされることによって報酬が発生します。

↓Googleアドセンスは、ブログ上にこんな感じで表示されている広告です。

だいたい1クリックあたりの報酬単価は20円〜30円と言われており、100人に1か2人がクリックしてくれるのが統計上のデータとなっています。

つまり、単価とクリック率が決まっているので、ブログのアクセスに比例しておおよその報酬が決まるということになります。

アドセンス収入の目安を表にしてみました。

月間アクセス数報酬目安
10,000PV2,000円〜6,000円
30,000PV6,000円〜18,000円
50,000PV10,000円〜30,000円
100,000PV20,000円〜60,000円
300,000PV60,000円〜180,000円
500,000PV100,000円〜300,000円
1,000,000PV200,000円〜600,000円
2,000,000PV400,000円〜1,200,000円

広告がクリックされるだけで報酬が発生するのでは、報酬を得る敷居は低いです。

こちらは、セールスライティングの専門スキルはほとんど必要としません。

このようにたくさんのアクセスを集めることができれば、Googleアドセンスでも収益をあげることができます。

効率を考えてASPとアドセンスどっちを目指すべきなのか?

私のツイートにある成果の場合、1日10PV程度で15日で10万円の売り上げでした。(ツイートが5/16の為、1日〜15日までの売り上げで集計)

ということは、150PVで10万円が発生しています。

ちなみに、このブログは作って1ヶ月も経っていない新規ブログになります。

同じ報酬をアドセンスで稼ごうとした場合、少なくとも月間アクセス数が30万PV前後ないと稼ぐことができません。

月間30万PVを集めようとした場合、作って1ヶ月のブログでは到底無理で、普通にやった場合は2年程度はかかり、記事数も300記事前後は少なくても必要になると思います。
(やり方によっては2〜3ヶ月で達成できる手法もあります。)

この労力と時間を考えた時、どちらで収入を得ることを目指した方が早いでしょうか?

答えは、一目瞭然でASPのアフィリエイトをした方があなたの報酬が伸びる速度も劇的に早くなる可能性が高いということになります。

激烈に売れるセールスライティング2つの手法【悪用しないでください】

セールスライティングとは、当然読者の心を動かし、購入するまでの行動をしてもらう必要がありますので、一長一短では身につかないスキルです。

なので、時間をかけてじっくり勉強していって欲しいのが願いです。

しかし、そうは言ってもなるべく早く成果を上げたいとも思っていると思いますので、私が使っている技術の中で、絶大な効果を発揮する手法を2つお教えします。

この2つの法則を、あなたの紹介したい商品に合うように考えて盛り込むようにしてみてください。

また、これらの技術は、購入者、利用者の利益をしっかり考えて使うのであれば社会的に役に立つ技術ですが、使い方を変えると人を欺くことにも転用ができてしまいます。

悪意を持って利用することだけは絶対にやらないようにお願いします。

GDTの法則を使う

GDTの法則とは、人間が本来持っている9つの欲求を示したものになります。

3つの頭文字から取られたもので、それぞれに意味は下記の通りです。

G(Goal): Time(時間を使いたくない)、Effort(努力したくない)、Money(お金を使いたくない)
D(Desire):Greed(名誉が欲しい)、Lust(愛されたい)、Comfort(快適になりたい)
T(Teaser):Scarcity(希少性)、Curiosity(好奇心)、Controlersy(反社会性)

G→D→Tの順番で欲求が強くなっていきます。

この9つの欲求は、人間が本能的に持っているものなので、これらを刺激されると人は感情を揺さぶられます。

人間は、感情で決定をし、その後理性で行動を正当化しようとする生き物です。

人間の欲望を刺激してあげることは、購入する理由を正当化させることになるのです。

詳しく解説すると、記事が長くなってしまうので別記事で解説します。

GDTの法則説明は下記の記事をご覧ください。

あわせて読みたい
GDTの法則とは?セールスライティング必須の9つの欲求を解説 この記事ではGDTの法則について解説します。 この記事の信頼性 さて、GDTの法則を知るとどんなことが起こるのか、 それは「文章で人の感情を揺さぶることができる」よう...

Reasons Whyを使う

Reasons Whyはコピーライティングの技術になりますが、セールスライティングにも非常に効果的です。

この技術は、人間が理由をしりたがるという本能的な部分に着目した方法になります。

つまり商品提案の場合、「商品を買う理由を納得してもらう」ことを目的とします。

Reasons Whyは5つに分かれています。

・Why you ?:(なぜ、あなたに必要なのか?)
・Why me ?:(なぜ、私から購入するのか?)
・Why this ?:(なぜ、この商品なのか?)
・why now ?:(なぜ、今必要なのか?)
・why this price:(なぜ、この値段なのか?)

この5つに答えることによって、人は商品を購入する理由を納得することができます。

見込み客の気持ちを変化させ、成約に導く手法となります。

Reasons Whyについても、解説が長くなるのでは、詳しくはこちら記事をご参照ください。

あわせて読みたい
Reasons Whyとは?ライティングに大切な「5つのなぜ」に答える この記事ではReasons Whyについて解説します。 この記事の信頼性 Reasons Whyとは、コピーライティングの技術のひとつで、読者の「なぜ?」に答える手法になります。 例...

2つの技術を混ぜるとどんなことが起こる

「GDTの法則」「Reasons Why」の2つのテクニックをご紹介しましたが、この2つを掛け合わせるとどんなことが起こるのか?

①人間が本来から持っている欲求を刺激される(商品で欲求を解決できる可能性がある)
②なぜ、購入するべきなのかを納得する

よって、購入までの行動をスムーズに展開することができるようになるのです。

欲求の刺激と行動の正当化を促している技術なので、恐ろしいくらいに効果的です。

使い方次第で、天使の手法にも悪魔の手法にもなり得ます。

ちなみに、自分で使わない技術であったとしても、こういう技術を知っているだけで、セールスマンの口車に乗せられて買ってしまうなんてことがなくなりますので、自己防衛にもつながります。

生きている中で、絶対役に立つ場面がありますので、身につけてもらえると良いかと思います。

セールスライティングを学ぶ方法

即効性のある手法を取り入れるだけでなく、一生もののスキルとして活用するには時間をかけて本質を学ぶ必要があります。

基本的には自己学習がオススメですが、ライティングの上手な方に見てもらえる機会があるなら、実際に書いたものを添削してもらった方が上達は早いです。

セールスライティングを身につける流れ

セールスライティングを身につける流れは下記の通りです。

知識をインプット

継続的アウトプット

成約率の検証

知識のインプット

継続的アウトプット

学んでは書いての繰り返しです。

途中、成約率の計測や変化を見ながらやると、実際に効果のあった方法と効果の出なかった方法がやっているうちにわかってきます。

地道な作業ですが、セールスライティングを身につけることはこれだけの努力をする価値があります。

アウトプットにおすすめな方法はブログ

知識は身につけるだけでは何の役にも立ちません。

実際にアウトプットしてみて気づくことはたくさんあります。

継続的に文章を書くことが最も効果的です。

アフィリエイトであれば、文章を書くことによってスキルが上がり、実際に収入を得ながら、さらに成約率の高い文章をやればやるほど書けるようになっていきます。

アフィリエイトをやりながら文章を学ぶのであれば、WordPressでブログを運営することがオススメです。

もし、まだWordPressブログを持っていない場合は、こちらの記事を参考に開設してみてください。

あわせて読みたい
WordPressブログの始め方!10分で開設できる初心者向けの方法を解説(PR) この記事では、「10分でWordPressブログの開設ができる方法」を解説しています。 この方法は、最も簡単で、最も早くWordPressブログが作れる方法になります。 私はこれ...

まとめ:アフィリエイトをするならセールスライティングは必須

この記事では、アフィリエイトをする為のセールスライティングについて解説してきました。

今すぐ使える技術として2つの手法を解説しました。

GDTの法則
Reason Why

これらは非常に強力な手法なので、今日から取り入れて行ってみてください。

ただ、セールスライティングは一生ものの不変スキルになりますので、継続的にしっかり学ぶことをオススメします。

以上、最後まで閲覧いただきありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次