MENU

【宿泊記】バンコクマリオットスクンビットのラウンジ・ルーフトップバー・プラチナ特典をブログレビュー

バンコクマリオットスクンビットホテル(以下、マリオットスクンビット)に宿泊してきました。

BTS駅の目の前にある好立地の5つ星ホテルで、ポイント泊が安めでサービスも良いコスパの良いホテルです。

この記事では、マリオットスクンビットの部屋の様子、クラブラウンジ、朝食レストラン、プール、ルーフトップバーなどご紹介していきます。

タイ旅行の参考になりますと幸いです。

この記事の信頼性

Seki
『マイルの錬金術師』を運営してますSekiです。

私の経歴と実績を簡単にご紹介します。
沖縄に移住して8年。
毎朝ビーチに行ってゴロゴロするのが日課です。
2018年から陸マイラーブログを開始し「累計で貯めたマイル数は1,700万マイル以上」になりました。

コスパの良い旅行を追求して、なるべくお金を使わないでリッチな体験をすることが趣味です。
Instagram:フォロワー約11,000人(@mile.mugen001)
Twitter:フォロワー約11,000人(@seki1410
あと、YouTubeはじめました!
目次

【宿泊記】バンコク マリオット スクンビットのブログレビュー

バンコクのBTS沿線上は、色々なランクのホテルがあるのでどこに宿泊するか迷ってしまいますが、マリオットスクンビットは屋上にルーフトップバー「Octave」があることが特徴です。

駅前の立地でありながら、市内観光や買い物もしやすい場所にあります。

ロビー・チェックイン

ホテルに入るとマリオットホテルお馴染みの「ATTUNE」の香りがします。

天井が高く、2階まで吹き抜けになっているのが特徴です。

レセプションはホテルに入った正面にあります。

今回は、クラブラウンジではなく、こちらでチェックイン手続きを行いました。

ちなみに、部屋自体のアップグレードはなく、クラブ付きのデラックスルーム(高層階)にしていただきました。

料金は、ポイント泊なら22,000〜35,000ポイント程度で、現金泊だと25,000円前後となってます。

クラブラウンジ付きだと40,000円弱の設定なってました。

バンコク マリオット スクンビットのプラチナ特典

マリオットスクンビットは、マリオットボンヴォイ加盟ホテルになってますので、ステータス特典を利用することができます。

プラチナエリート特典は以下の内容になります。

・部屋の無料アップグレード(空室状況による)
・クラブラウンジの利用
・レストラン朝食
・ウェルカムギフト1,000ポイントorローカルギフト(ジャムと言ってました)
・最大16時までのレイトチェックアウト(空室状況による)
・滞在ごとに50%のボーナスポイント

クラブラウンジで朝食の提供がされていましたが、レストランの朝食もいただくことができる内容になってました。

選べる特典はポイントかローカルギフトから選択で、ギフトの内容はジャムだと言ってました。

バンコクマリオットスクンビットの部屋レビュー(デラックスルーム)

今回のお部屋は34階の3404号室です。

部屋自体はデラックスルームなので、高層階になっている以外に特別なアップグレードはありません。

ベットルーム

部屋に入ると、目の前にミニバーがあり、奥側がベットルームになっています。

部屋全体の広さは36㎡なので、広くもなければ狭くもないちょうど良い使いやすさの大きさになっています。

キングベットの部屋になりますが、部屋の絵(壁紙?)や色使いが独特な雰囲気です。

部屋の奥側に行くと、ガラステーブル、2人掛けのソファーがあります。

テレビは壁掛けで40インチなので、このクラスのホテルからすると小さめなサイズになります。

テーブルの上にはウエルカムギフトのチョコレートとお手紙が置いてありました。

ミニバー

ミニバーの内容です。

テーブルの上には、水のボトルが2本とアイスペール、それからワイングラスが置かれています。

引き出しには、スナック菓子(有料)、ティーバッグ、インスタントコーヒー、グラス類が入っています。

冷蔵庫には、有料の商品で炭酸飲料とビール、ミネラルウォーターが入っています。

冷蔵庫横には電気ケトルが収納されてました。

バスルーム・アメニティ

バスルーム側に行くと、洗面台はシングルシンクで白を基調とした大理石調の作りになっています。

バスルーム側は配色のせいか明るさを感じます。

アメニティは、歯ブラシ、ボディクリーム、ハンドウォッシュ、ヘアバンド、シャワーキャップ、バニティキットが入ってましたが、ケースがスカスカな感じです。

他の方のブログを見ると、上記のほかに髭剃り、マウスウォッシュ、爪やすりなどが写っていたので、おそらく補充忘れと思われます。

とりあえず全部予備を持っているので、わざわざもらわなくても気にはなりませんが、5つ星ホテルとしては微妙なミスかなと思いました。

ヘアドライヤー、体重計も備え付けられてます。

洗面エリアから奥に行くとバスルームになっています。

バスルームは、シャワーと浴槽が同じ場所にあり、セパレートされているタイプではありませんでした。

浴槽は丸型のとても変わった作りです。

このタイプは初めて見ましたが、丸型なので総面積はそれなりの大きさなんでしょうが、足を伸ばすには微妙な形状でした。

シャワーは、ホース式のハンドシャワーとレインシャワーの2タイプがあります。

シャンプーなどのアメニティはマリオット共通の「thisworks」が備え付けボトルで設置されていました。

クローゼット

クローゼットにはバスローブが2着ありましたが、それを除いてもハンガーの数が少なめでした。

ランドリーサービスの申込書がついているものも含め4つなので、もう少し個数があってもいいのではと思います。

クローゼット内にはセーフティーボックスもありました。

私はスニーカーなので利用してませんが、靴磨きサービスも行なっているようで、電話一本スピード仕上げって書いてありました。

アイロンとアイロン台です。

スリッパは、ペナペナの薄っぺらいもので使いにくかったです。

安いビジネスホテルのスリッパみたいなので、ここはもう少しいいものを置いて欲しいかなという印象です。

バンコクマリオットスクンビットのクラブラウンジ

クラブラウンジは40階にあります。

入口は鍵がかかっているので、ルームキーで解錠して入るタイプです。

【クラブラウンジの営業時間】
営業時間:6:30〜22:00
朝食:6:30〜10:00
アフタヌーンティー:14:30〜16:30
カクテルタイム:17:30〜20:30

ラウンジの作りは縦長な感じで、隣のテーブルとの間隔も狭めです。
※東京都内のカフェ見たいな間隔の狭さです。

ホテルの規模から考えて、テーブル数は明らかに少ない印象でしたが、アフタヌーンティー、カクテルタイムともに満席になっている感じはありませんでした。

ちなみに子供の入室制限もなく、カクテルタイムの時間に外国人(欧米系?)のファミリーが小学生低学年くらいのお子様と食事されてました。

40階からの眺めですので、なかなか素晴らしいものがあります。

特に変わった建物が見えるなどはなさそうでした。

アフタヌーンティー

アフタヌーンティーの時間になると、スイーツやフルーツがビュッフェテーブルに並びます。

3段トレーでの提供ではなく、ビュッフェ形式になっています。

手前のフルーツは、りんご、ドラゴンフルーツ、パッションフルーツ、パイナップル、ナシ、スイカ、バナナと中々豊富な種類です。

右から、チーズペーストサンド、ハムサンド、エビのカクテル、レモンタルト、スコーンがありました。

ほかにも、クッキーやチョコレート、エビせんべいなどがありました。

アフタヌーンティメニューを食べているはずなのに、エビせんべいが美味しくておかわりしちゃいました(笑)

カクテルタイム

カクテルタイムの時間になると、アルコールも飲み放題になります。

コールドミールのビュッフェは、サラダ、チーズ、バターロール、クラッカーに、タイ風の和え物みたいなものもありました。

ホットミールはご飯系のメニューもあります。

キーママタル、ミートボールのトマトソース、グラタン、グリルチキン、グリル野菜などあるので、これだけあれば十分食事としてボリュームかと思います。

スイーツも、ザッハトルテ、チョコムース、イチゴムース、リングシュー、

オレンジケーキ、フルーツ(メロン、パパイヤ、ドラゴンフルーツ、パッションフルーツ、スイカ、パイナップル)がありました。

アルコールは、スパークリングワイン、赤白ワイン、ビールからはじまって、一通りのリキュール類が揃えられてました。

カクテルはメニュー表がテーブルに置かれてましたので、オーダーすれば作ってきてもらえます。

ご飯ものを食べるまでもなく、お腹いっぱいになってしまいました。

味はめちゃくちゃ美味しいってほどではありませんが、全然満足できるレベルです。

〆にデザートをいただいて終了です。

朝食

クラブラウンジでは朝食も食べることができます。

ただ、レストラン朝食もプラチナエリート以上だと無条件で付帯されているので、ラウンジ内は空いてました。
※レストラン朝食は混んでいたので、時間がなかったり静かに食べたい場合はラウンジを選択するのもアリです。

メニューは、洋食メニューが中心になってました。

私はレストラン朝食を食べた後だったので、メニューを見に行ったついでにフルーツとヨーグルトだけいただきました。

バンコクマリオットスクンビットのルーフトップバー

バンコクと言ったら「ルーフトップバー」が有名かと思いますが、名所のひとつ「octave」がマリオットスクンビットの屋上にあります。

ここのホテルに宿泊していたら、必ず立ち寄りたい場所になります。

45階から上がオクターブになっていて、45〜48階はダイニング&バー、49階がルーフトップバーになっています。

49階からのバンコクの夜景は圧巻です。

私は平日の22時頃行きましたが、予約で満席になっていて入れてもらえませんでした。

それでも帰らないで粘ってたら、席を開けてくれました(笑)

オクターブのルーフトップバーに行きたい場合は、事前予約をして行かないと週末などは入れないと思われます。

海外のレストラン予約は、クレジットカードのコンシェルジュデスクに頼むのが楽です。

初年度年会費無料で持てるプラチナカードもありますのでご参考ください。

カクテルを注文しましたが、メニューを控えてなくて何を頼んだか忘れました…

値段は400バーツくらいだったと思います。

バンコクマリオットスクンビットのレストラン朝食

朝食レストランは、1階の奥にある「57th Street」というオールデイダイニングでいただくことができます。

時間帯によっては満席になっていて並んでいる時間もあったので、時間がない場合は食べる時間に注意した方が良いです。

メニュー数は、めちゃくちゃ多いです。

タイ料理、インド料理、中華、洋食から和食までありとあらゆるものがあります。

ホットミールコーナーには、エッグステーションのほかに、ヌードルバーもあります。

こちらはサラダ、フルーツなどコールドミールコーナーです。

サンドイッチコーナー、パンケーキ、ワッフルコーナーなどもあります。

とにかくメニュー数が多くて、どれを紹介したら良いか迷うほどです。
※この記事はホテル全体のレビューなので抜粋して掲載してますが、全部のメニューの写真を持っているので、1記事専用に書けてしまうボリュームです。

和食コーナーは、味噌汁や日本式のカレー以外にも納豆やのりなどもあるので、タイ料理が飽きてきた頃に嬉しい内容になってます。

朝食で納豆が置いてあったのは、バンコクでははじめてみました。

ヌードルバーでチキンスープのヌードルとココナッツジュースを取ってきました。

スモークチキンのサンドイッチと焼きたてワッフルです。

フレンチトーストも美味しそうだったのでいただいてみました。

ドリンクは、テーブルにメニューが置いてあったオレンジアイスコーヒーとタイのアイスティーってやつを頼んでみました。
※このドリンクはちょっと微妙でした…

バンコクマリオットスクンビットのプール・フィットネス

プールとフィットネスをご紹介します。

プール

プールは7階にあります。

営業時間は6:00〜22:00までとなっています。

大きなプールではありませんが、ちょうど良い感じのサイズ感じでしょうか。

プールサイドでゴロゴロするには、とても気持ちよかったです。

フィットネス

フィットネスはプールの横にあります。

こちらは24時間営業となってますので、使いたい時に利用可能です。

広さ、設備ともに十分充実していると思います。

バンコクマリオットスクンビットのアクセス方法

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

累計1700万マイル以上貯めたマイルの錬金術師の無料メール講座

今の生活をしながらマイルを貯めて『年間100万円以上』得をしてみませんか?

登録特典:マイルを貯めるクレジットカード選びの相談を無料受付中
※累計300名様以上が利用

6,500人以上が『無料』で購読
あなたの知らない、
マイルの事実をご確認ください!

目次