あきた春割キャンペーン 春が来た!おトクに秋田を旅しよう。 県内での宿泊代金・県内旅行商品(日帰り旅行を含む)[お一人様一泊当たり]最大5,000円割引 ※ご利用代金の50%を上限とします。対象期間:令和4年3/1(火)から6/30(木)(令和4年7/1(土)チェックアウトまで 日帰りは6/30まで) ※対象期間が再延長になりました。 あきた春割キャンペーン 春が来た!おトクに秋田を旅しよう。 県内での宿泊代金・県内旅行商品(日帰り旅行を含む)[お一人様一泊当たり]最大5,000円割引 ※ご利用代金の50%を上限とします。対象期間:令和4年3/1(火)から6/30(木)(令和4年7/1(土)チェックアウトまで 日帰りは6/30まで) ※対象期間が再延長になりました。
キャンペーン期間が再延長となりました!詳しくはこちら キャンペーン期間が再延長となりました!詳しくはこちら

重要

  • 宿泊予約完了後、あきた春割キャンペーン利用申請の登録が必要となります。
  • キャンペーン適用対象者を北海道および東北6県(青森・秋田・岩手・宮城・山形・福島)在住者に拡大します。(青森県在住者は4月11日以降の予約・宿泊分から適用)
    秋田県内在住者を除き、利用条件としてワクチン3回目接種済証の提示、または有効期間内のPCR検査もしくは、抗原定性検査の陰性証明の提示が必要となります。

STEP1

あきた春割キャンペーン!対象施設の宿泊プラン、旅行商品等を予約
※インターネット事前決済予約はキャンペーン対象外です。
キャンペーン利用方法はこちら

STEP2

予約完了後、当ホームページから利用申請をする(二次元コード取得)​
※ご予約のプランがキャンペーン対象か不明な場合は対象施設へ必ずご確認下さい。利用申請は割引適用を保証するものではございません。

STEP3

①ワクチン検査パッケージ適用のための証明書類(詳細はこちら)
​②本人確認書類​
③二次元コード(STEP2で取得したメール本文のURLをクリックして表示)

注意事項

​利用申請は、当日チェックイン(日帰り旅行の場合は集合時)までにお済ませください。

​登録後、確認メールが届きますので、「@haruwari.com」のドメインを迷惑メール設定から除外してください。

​スマートフォンをお持ちでない等、事前に二次元コードの取得が困難な場合は、チェックイン時にお申し出ください。

​各宿泊施設・旅行会社ごとに割り当て分の予算がなくなり次第キャンペーンは終了となります。予算については各宿泊施設・旅行会社へお問い合わせください。

利用申請はこちら

あきた春割キャンペーン
とは?

キャンペーン
内容詳細はこちら

詳しく見る

ご利用方法

ご利用方法と
ご利用上の注意はこちら

詳しく見る

参加施設一覧

あきた春割キャンペーン
取扱加盟一覧

詳しく見る

秋田県からのお願い

新型コロナウイルス感染症の予防について、次のとおり徹底をお願いします。

[ 旅行者の皆さまへ ]

あきた春割キャンペーン!のご利用は
ワクチン・検査パッケージの適用が条件となります。

手洗い、マスクの着用、ソーシャルディスタンス(社会的距離)の確保など、
「新しい旅のエチケット」を参考に、感染症予防の徹底をお願いします。

[ 宿泊施設の皆さまへ ]

宿泊施設向けの「新型コロナウイルス対応ガイドライン」等を参考に感染症予防の徹底をお願いします。

[ 旅行会社の皆さまへ ]

旅行会社向けの「新型コロナウイルス対応ガイドライン」等を参考に感染症予防の徹底をお願いします。

旅行時は毎朝、検温等の体温チェックを実施し、発熱がある場合や風邪症状がみられる場合には、宿泊施設近隣の医療機関等の指導に従っていただきます。また、スマートフォンを利用されている方は接触確認アプリのご利用をお願いします。

旅行中には、「新しい旅のエチケット」を実施してください。宿泊施設のみならず、旅先のあらゆる場面で3密が発生する場や施設等は回避し、大声を出すような行為もご遠慮ください。

宿泊施設等では、チェックイン時の検温、旅行者の本人確認、浴場や飲食施設での3密対策の徹底、食事の際の3密の回避等が本事業の参加条件になっております。また、本人確認は、同行者も含め全ての参加者について実施しますので、免許証などの書類を持参してください。

検温の際、37.5度以上の発熱がある場合には、各施設が定める客室等に待機いただいて、宿泊施設近隣の医療機関等の指示を仰ぐこととなります。これら宿泊施設等の従業員の指示には必ず従ってください。

大人数の宴会を伴う旅行は一般にリスクが高いと考えられています。実施する場合には、着実な感染防止対策が講じられることを前提に、適切なご旅行をお願いします。

新しい旅のエチケット。感染リスクを避けて安心で楽しい旅行

※一部抜粋

日頃から、健康チェックを
習慣に

エチケット守って安心、
笑顔で乾杯

車内・機内でも、
マスク忘れぬエチケット